メインメニューを開く

田村 セツコ(たむら セツコ、1938年2月4日 - )は、日本のイラストレーターエッセイスト。 1950年代後半よりイラストレーターとして仕事を始め、1960年代には「りぼん」「なかよし」などで少女向けのおしゃれページを多数手がける。1970年代にはキャラクターグッズが人気を博し、また、『若草物語』や『赤毛のアン』などの名作物語のイラストも手がける。サンリオ発行の「いちご新聞」[1]の連載エッセイは創刊の1975年から現在も続いている[2][3]

目次

略歴編集

1938年、東京都目黒区で、長女として生まれる(妹2人、弟1人の4人きょうだい) [3]。 1945年の終戦を疎開先の栃木県で迎える。 

1953年、東京都立八潮高等学校に入学し、美術部に入部。1956年には松本かつぢに送った往復葉書が縁で弟子入りした[4]。高校卒業後安田信託銀行に入社するも、月に一度は松本宅に通い指導を受ける。同年8月、松本の紹介で「女学生の友」の読書投稿欄(銀の泉)にカットを描き、デビュー。1957年5月に安田信託銀行を退社した[5]

1958年、「少女クラブ」の小説挿絵を急病の画家の代わりに描く。これ以降挿絵の依頼が増えた。1960年には、「りぼん」におしゃれページ(「こんにちはおじょうさん」)の連載を開始。1963年、初の装幀本となる『あしながおじさん』が刊行された。1965年、「なかよし」にもおしゃれページ(「ボンジュールおじょうさん」)を連載開始。1967年、「小説ジュニア」(集英社)、「ジュニア文芸」(小学館)のユーモア小説向け挿絵、おしゃれページを多数手がける。1969年頃より、イラストを用いたグッズの販売が増加(以降、コクヨ、リリック、サンリオセイカノートトンボクツワなど十数社より発売)。これらは、セツコグッズとも呼ばれた。

1971年、ギフト・ブックと呼ばれる詩画集『愛の花束』(サンリオ山梨シルクセンター出版部)刊行。(のち『幸福の花束』『風の花束』も刊行)1975年に「いちご新聞」(サンリオ)創刊。イラストエッセイの連載を開始し、現在も続く。

1979年ハウス食品の春のデザートキャンペーンに「HAPPYおばさん」が採用される。1982年、『おちゃめなふたご』シリーズ(ポプラ社)刊行。装幀と挿絵を担当した。以降、ポプラ社の名作絵本シリーズの装幀・挿絵を多数手がける。

1992年に個展を開催。これ以降、個展はほぼ毎年開催されている。2003年に「田村セツコ&水森亜土展」(弥生美術館[6]、2012年には「田村セツコ展」(弥生美術館)[7]、2019年には「田村セツコのHAPPYがいっぱい!」(とちぎ蔵の街美術館[8]が開催される。

人物編集

  • 少女時代の愛読書は「ジュニアそれいゆ」(中原淳一編集)だった。「ジュニアそれいゆ」休刊の年に「りぼん」のおしゃれぺーじ(こんにちはおじょうさん)の連載を開始[2]
  • 近年はコラージュ技法を用いた作品も数多く手がける[3]

作品編集

漫画編集

挿絵編集

  • 『私の青春ノート』 ポプラ社、1974年、樋口恵子
  • おちゃめなふたご』シリーズ 、ポプラ社佐伯紀美子
  • はりきりダレル』シリーズ、ポプラ社、佐伯紀美子訳
  • 『想い出を売る店』 サンリオ、1985年、辻信太郎
  • 『若草物語 (こども世界名作童話)』 ポプラ社、1987年
  • 『おしがしまじょ (おはなしらんど)』 世界文化社、喰始
  • WEB絵本ザ・ストーリーゲート
    • 『泣いた赤鬼』
    • 『ジューンブライドを祝福するリンゴの花』
    • 『ショッピングカーちゃん』(※ 文・絵)

カバーイラスト編集

著書編集

  • 『少女時代によろしく (らんぷの本)』 河出書房新社、2003年4月
  • 『ジェルソミーナ』 トムズボックス、2003年
  • 『とりとめのない日々』 トムズボックス、2008年
  • 内田静枝編 『田村セツコ ---HAPPYをつむぐイラストレーター (らんぷの本/マスコット)』 河出書房新社、2012年10月11日
  • 『すてきなおばあさんのスタイルブック』 WAVE出版、2013年3月
  • 『おちゃめな老後』 WAVE出版、2013年10月

ギフト・ブック編集

  • 『ひとりぽっち』 サンリオ山梨シルクセンター出版部、1970年
  • 『愛の花束』 サンリオ山梨シルクセンター出版部、1971年
  • 『幸福の花束』 サンリオ山梨シルクセンター出版部、1975年
  • 『風の花束』 サンリオ山梨シルクセンター出版部、1977年

テレビ編集

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ かつては同社の「月刊いちごえほん」にも寄稿していた。
  2. ^ a b 『少女時代によろしく』
  3. ^ a b c 『田村セツコ HAPPYをつむぐイラストレーター』
  4. ^ 町田市ゆかりの美術家たち 田村セツコ - 和光大学
  5. ^ 「現代日本人名録 94」(日外アソシエーツ
  6. ^ 『田村セツコ&水森亜土展』 弥生美術館、2003年
  7. ^ 根津・弥生美術館で「田村セツコ展」-原画や希少グッズなど400点 - 上野経済新聞、2012年10月5日
  8. ^ 特別企画展「田村セツコのHAPPYがいっぱい!」”. 栃木市ホームページ (2019年3月26日). 2019年4月21日閲覧。

外部リンク編集