メインメニューを開く

田村 丕顕(たむら ひろあき、1875年11月29日 - 1945年1月13日)は、一関田村家の14代当主である子爵アナポリス海軍兵学校出身の日本の海軍軍人である。最終階級は海軍少将

田村 丕顕
Tamura Hiroaki.jpg
練習艦隊参謀時代の田村
所属組織 大日本帝国海軍の旗 大日本帝国海軍
軍歴 1901年 - 1925年
最終階級 海軍少将
テンプレートを表示

目次

経歴編集

東京出身。1896年にアナポリス海軍兵学校に入学し[1]1900年(明治33年)6月8日、卒業。帰国後、少尉候補生となり、海軍兵学校27期生として処遇された。1901年(明治34年)8月、少尉に任官し「浅間」、「出雲」乗組。1904年(明治37年)7月、大尉に昇進し「八雲分隊長として日本海海戦に参戦。戦後は海軍大学校乙種学生を経て、練習艦隊参謀として古賀峯一ら兵学校34期生の指導にあたる。次いで「高千穂」砲術長、「筑波」分隊長、「壱岐」砲術長と実務経験を重ね東宮武官となる。

1909年(明治42年)10月、少佐に進級。以後、「明石」、「新高」副長、海軍省出仕兼元帥副官井上良馨附)、第一艦隊参謀、皇族附武官(宣仁親王附)。 この間、客死した駐日アメリカ合衆国大使ジョージ・ガスリー英語版の遺骸を米国に護送するよう命を受けて実務交渉にあたり、護送艦となった「吾妻」に同乗し、米国まで出張した[2]

1919年(大正8年)12月、大佐に進級。皇族附武官兼元帥副官(依仁親王附)兼軍令部出仕、「薩摩」・「三笠」・「榛名」の各艦長を歴任。

1924年(大正13年)12月1日、少将に昇進。横須賀防備隊司令となり、1925年(大正14年)12月16日予備役に編入された。その後は軍事普及事務嘱託(横須賀、仙台、盛岡)、岩手県立六原青年道場道場長、大政翼賛会岩手支部常務委員、岩手県翼賛壮年団団長を務めた。

栄典編集

親族編集

脚注編集

  1. ^ Annual register of the United States Naval Academy. Annapolis, MdU.S. Government Printing Office 1897
  2. ^ 「任務報告(2)」
  3. ^ 『官報』第7046号「叙任及辞令」1906年12月22日。

参考文献編集

  • 外山操編『陸海軍将官人事総覧 海軍篇』芙蓉書房出版、1981年。
  • 福川秀樹『日本海軍将官辞典』芙蓉書房出版、2000年。
  • 海軍歴史保存会編『日本海軍史』第10巻、第一法規出版、1995年。
  • アジア歴史資料センター 「任務報告(2)」(レファレンスコード:C08020932900)
日本の爵位
先代:
田村崇顕
子爵
一関田村家第3代
1922年 - 1945年
次代:
田村良顕