田村 孟(たむら つとむ、1933年1月5日[1] - 1997年3月28日)は日本の脚本家映画監督。青木 八束(あおき やつか)名義で小説家としても活動した。

たむら つとむ
田村孟
別名義 青木あおき 八束やつか
生年月日 (1933-01-05) 1933年1月5日
没年月日 (1997-03-28) 1997年3月28日(64歳没)
出生地 日本の旗 日本群馬県甘楽郡妙義町(現・富岡市
死没地 日本の旗 日本東京都目黒区
職業 脚本家、映画監督、小説家
テンプレートを表示

来歴・人物編集

群馬県甘楽郡妙義町(現・富岡市)出身。東京大学文学部国文学科卒(卒業論文は「内村鑑三研究序説」)。高校生時代、大学生時代とも演劇をやっていたが、日本映画を一本も見たことが無く、映画監督などにもなる気は無かったという[1]。元々新聞記者志望で、産経新聞に入社が内定していたが、「胸に影あり」と診断されたことで採用が先延ばしになり[1]、改めて松竹の試験を受け、1955年、松竹大船撮影所に入社[1]大島渚石堂淑朗らと松竹ヌーヴェルバーグに関わる。1960年、映画監督として『悪人志願』を一本だけ手掛けるが、本人曰くこの作品は「全然ヒットしなかった」とのこと[1]。1961年8月に松竹退社[1]。同年11月、大島らとともに独立プロダクション「創造社」を設立する[1]。大島作品を中心に脚本家として活躍し、キネマ旬報脚本賞を四回受賞している(『絞死刑』『少年』『儀式』『青春の殺人者』)。1997年2月6日未明、意識不明となり、東邦大学附属大橋病院に入院するが、3月28日に逝去。満64歳没。

青木八束」名義で小説を発表し、「蛇いちごの周囲」で第36回文學界新人賞(1973年)受賞[1]。同作品は第69回芥川賞(1973年上期)の候補にもなった。「世を忍ぶかりの姿」(映画批評1973年7月号)、「目螢の一個より」(文學界1973年9月号)、「津和子淹留」(文學界1974年4月号)、「狼の眉毛をかざし」(野性時代1974年7月号)など、数作を残して文学界を去る。

脚本作品(映画)編集

監督作品編集

脚本作品(TV)編集

著書編集

脚注編集

[脚注の使い方]
  1. ^ a b c d e f g h 週刊テレビ番組(東京ポスト)1987年1月16日号「脚本家の横顔」81頁(その1)、1987年1月23日号「脚本家の横顔」59頁(その2)

外部リンク編集