メインメニューを開く

田村 崇顕(たむら たかあき)は、江戸時代から明治時代大名華族子爵)。陸奥一関藩第11代(最後)の藩主。

 
田村 崇顕
Tamura Takaaki.jpg
時代 江戸時代末期から大正時代
生誕 安政5年11月20日1858年12月24日
死没 大正11年(1922年12月11日
改名 石川鶴太郎→田村鎮丸→崇顕
戒名 延京院殿明鑑崇顕大居士
墓所 青山墓地東京都港区
官位 従五位下、右京大夫
子爵
陸奥一関藩第11代藩主
氏族 石川氏田村氏
父母 父:石川義光、母:守屋勝治の娘
養父:田村邦栄
兄弟 石川邦光邦栄石川俊在崇顕石川光親、従子(伊達邦孚室)、元子(井上嘉矩室)
正室:土岐頼之の娘
側室:三上氏、松田氏
吉見捨三

生涯編集

安政5年(1858年)11月20日、陸奥仙台藩一門筆頭・角田石川家第13代当主・石川義光の九男として生まれる。幼名は鶴太郎

慶応4年(1868年)の戊辰戦争に敗れた同母兄の邦栄が隠居させられたため、急遽兄の養子となって陸奥一関藩を相続した(仙台藩主・伊達慶邦猶子として入嗣)。

明治2年(1869年)3月に版籍奉還を行い知藩事となっている。明治12年(1879年)2月には警視方御用掛となった。明治15年(1882年)、兄の邦栄に家督を返還したが、明治20年(1887年)に兄が死去すると、再び田村家の家督を相続し、子爵位を襲爵した。

大正11年(1922年)12月11日死去。享年65。田村家の家督と爵位は、甥の丕顕(邦栄の子)が相続した。

参考文献編集

  • 『一関市史』第一巻(岩手県一関市、1978年)
日本の爵位
先代:
田村邦栄
子爵
一関田村家第2代
1887年 - 1922年
次代:
田村丕顕