田村 忠義(たむら ただよし)は、広島県出身の元アマチュア野球選手(投手)。

田村 忠義
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 広島県
生年月日 1948年
身長
体重
178 cm
80 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 投手
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)
選手歴
監督歴

来歴・人物編集

広陵高校[1]では、同期の清水由則(日本鋼管日本鋼管福山)と投の二本柱を組み、1965年秋季中国大会に出場。準決勝に進むが米子東高に敗れ春の選抜出場を逸する。翌1966年夏も県予選で敗退。他の同期に捕手須山成二、1年下に外野手河井昭司がいる。

清水(野手に転向)とともに1967年日本鋼管に入社、1970年日本鋼管福山に移る。日本鋼管福山では技巧派サイドハンド[2]として活躍[3]1974年社会人野球日本選手権では決勝に進むが、三協精機大塚喜代美に1安打完封を喫し、準優勝にとどまる[4]。同大会の敢闘賞を獲得。1980年社会人野球日本選手権でも決勝に進み、日本楽器を抑え4-2で完投勝利、初優勝を飾った[5]。同大会では最高殊勲選手に選出され、同年の社会人ベストナイン(投手)となる。1982年都市対抗でも決勝に進み、住友金属石井毅と投げ合うが4-5で惜敗、準優勝にとどまる[6]。同大会の久慈賞を獲得し、10年連続出場選手として表彰を受ける。

1974年のドラフト会議太平洋クラブライオンズから1位指名を受けたがこれを拒否[7][8][9]。また、翌年のドラフト会議ヤクルトスワローズから2位指名を受けたがこれもまた拒否[10][9]

1975年インターコンチネンタルカップ1976年1980年アマチュア野球世界選手権日本代表に選出されている。

選手引退後は環太平洋大学や広陵高校で監督を務めた。環太平洋大学では、又吉克樹中日)を、広陵高校では西村健太朗(元巨人)などを指導した[9]

脚注編集

[脚注の使い方]
  1. ^ 広陵高校野球倶楽部 広陵高校野球部|広陵高校野球倶楽部 卒業生一覧 1961〜1970年”. koryo-yuushi.com. 2020年6月22日閲覧。
  2. ^ 週刊野球太郎. “オリックス2016年ドラフト1位、山岡泰輔。大人の投球で試合を支配する社会人屈指の右腕(1)/野球太郎ストーリーズ(週刊野球太郎)|dメニューニュース” (日本語). topics.smt.docomo.ne.jp. 2020年6月22日閲覧。
  3. ^ 手束仁『プロ野球「もしも」読本 もし長嶋茂雄が南海に入団していたら』イースト・プレス、2012年11月30日(日本語)。
  4. ^ 「日本社会人野球協会会報1974」日本社会人野球協会 1975年
  5. ^ 「日本社会人野球協会会報1980」日本社会人野球協会 1981年
  6. ^ 「都市対抗野球大会60年史」日本野球連盟 毎日新聞社 1990年
  7. ^ 【ドラフト会議物語12】「高校四天王」はいずれも上位指名。剛腕・山口高志は阪急へ【1974年】” (日本語). 週刊ベースボールONLINE. 2020年6月22日閲覧。
  8. ^ 過去のドラフト 第10回(1974年) - ドラフト会議 : 日刊スポーツ” (日本語). nikkansports.com. 2020年6月22日閲覧。
  9. ^ a b c 「おまえはただ投げているだけ」と言われた男が新人王候補に! ドラゴンズ・又吉克樹が持ち合わせた”強運””. baseballchannel.jp. 2020年6月22日閲覧。
  10. ^ 過去のドラフト 第11回(1975年) - ドラフト会議 : 日刊スポーツ” (日本語). nikkansports.com. 2020年6月22日閲覧。

関連項目編集