田村村顕

日本の江戸時代の大名

田村 村顕(たむら むらあき)は、江戸時代中期の大名陸奥国一関藩3代藩主。官位従五位下隠岐守左京大夫

 
田村村顕
時代 江戸時代中期
生誕 宝永4年5月24日1707年6月23日
死没 宝暦5年8月3日1755年9月8日
改名 喜七郎・弁之助(幼名)、典顕(初名)、村顕
戒名 霊鳳院殿故左京兆尹性海玄理大居士
墓所 東京都港区高輪東禅寺
官位 従五位下隠岐守左京大夫
幕府 江戸幕府
主君 徳川吉宗家重
陸奥一関藩
氏族 宇和島伊達氏田村氏
父母 伊達宗贇、中里氏
田村誠顕
兄弟 伊達宗相、曽智、岩次郎、伊達村年
村顕、初、民、百助、桑折宗恒、清、長、久米、悦、幾久
田村誠顕三女・百
女子四人
村隆
テンプレートを表示

略歴編集

宝永4年(1707年)5月24日、伊予国宇和島藩3代藩主・伊達宗贇の次男として宇和島にて誕生。享保11年(1726年)10月に田村誠顕の養子となり、翌年に誠顕が死去したために跡を継いだ。従兄(父・宗贇の兄・綱村の子)で仙台藩主・伊達吉村から偏諱を受け村顕と名乗る。

藩政に見るべきところはないが、鷹狩や狩猟を好んだと言われている。宝暦5年(1755年)8月3日に死去した。享年49。子は女児しかいなかったため、吉村の五男・村隆が養子となって家督を継いだ。

系譜編集