メインメニューを開く
日本 > 福島県 > 郡山市 > 田村町

田村町(たむらまち)は福島県中通り東部の田村郡に属していた町。現在の郡山市田村町地区。

田村町
たむら
日章旗 日本
地方 東北地方
都道府県 福島県
自治体 郡山市
旧自治体 田村郡田村町
面積
91.75km²
世帯数
7,012世帯
総人口
18,093
住民基本台帳、2016年1月1日現在)
人口密度
197.2人/km²
隣接地区 郡山、中田町安積町
郡山市役所田村行政センター
北緯37度19分31秒 東経140度24分48.5秒 / 北緯37.32528度 東経140.413472度 / 37.32528; 140.413472座標: 北緯37度19分31秒 東経140度24分48.5秒 / 北緯37.32528度 東経140.413472度 / 37.32528; 140.413472
所在地 〒963-1154
福島県郡山市田村町岩作字穂多礼72
リンク [田村町/郡山市 田村行政センター公式ページ]
田村町の位置(福島県内)
田村町
田村町
特記事項:郵便番号は 963-07xx、963-11xx、963-12xx
テンプレートを表示

このページでは、合併前の田村町と合併後の郡山市田村町地区の両方を併載する。

概要編集

東北地方最大級の前方後方墳である大安場古墳が発見されるなど、古い時代から田村町付近を本拠地とする豪族がいたと思われる。 また、平安時代坂上田村麻呂が蝦夷追討の際に守山城を築いたと伝えられる他、江戸時代には守山藩が置かれるなど、かつてはこの地域の中心地であった時代もあった。

戦前に海軍軍用飛行場が置かれ、戦後、その跡地が郡山中央工業団地や日本大学工学部のキャンパスになり、それぞれ、郡山市内最大級の工業団地と市内最大の大学として郡山市地域の産業を支えている。ただし、工業団地は東北自動車道のインターから離れているため、市の西側にある西部工業団地に移転した企業も少なくない。ちなみに、株式上場企業である幸楽苑ホールディングスアサカ理研などは、この工業団地に本社を置いている。

国道49号が通り、郡山市内へのアクセスが比較的便利なことから、桜ヶ丘団地や東山ヒルズをはじめとする住宅団地も点在する。

地理編集

歴史編集

田村町
廃止日 1965年5月1日
廃止理由 新設合併
郡山市、安積郡富久山町日和田町熱海町安積町喜久田村
逢瀬村片平村三穂田村湖南村田村郡田村町 → 郡山市
現在の自治体 郡山市
廃止時点のデータ
  日本
地方 東北地方
都道府県 福島県
田村郡
面積 91.53km2.
総人口 16,892
(1960年10月1日)
隣接自治体 郡山市安積町中田村
平田村須賀川市
田村町役場
所在地 福島県田村郡田村町岩作字穂多礼72番地
 表示 ウィキプロジェクト

隣接していた自治体編集

行政区域変遷編集

  • 変遷の年表
  • 変遷表

人口・世帯編集

人口編集

総数 [単位: 人]

1955年(昭和30年)      17,504


世帯編集

総数 [単位: 世帯]

1955年(昭和30年)      2,703


行政編集

県管轄の機関編集

市管轄の機関編集

交通編集

産業編集

農業編集

  • 田畑が広がる

工業編集

  • 郡山中央工業団地付近に幸楽苑やアサカ理研が本社を置く他、数多くの工場が立地

商業編集

  • 日本大学工学部付近や国道49号沿いにスーパーマーケットやパチンコ店等が立地

教育編集

小学校
  • 郡山市立守山小学校
  • 郡山市立御代田小学校
  • 郡山市立高瀬小学校
  • 郡山市立谷田川小学校
  • 郡山市田母神小学校
  • 郡山市栃山神小学校
中学校
  • 郡山市立守山中学校
    • 1972年(昭和47年)に郡山市立谷田川中学校を統合した。
  • 郡山市立高瀬中学校
  • 郡山市立二瀬中学校
高等学校
大学
各種学校

名所・旧跡・観光スポット・祭事・催事編集

祭事編集

著名な出身者・ゆかりのある人物編集

脚注編集

  1. ^ 角川日本地名大辞典編纂委員会『角川日本地名大辞典 7 福島県』、角川書店、1981年 ISBN 4040010701より
  2. ^ 日本加除出版株式会社編集部『全国市町村名変遷総覧』、日本加除出版、2006年、ISBN 4817813180より

関連項目編集

外部リンク編集