メインメニューを開く

田村 秋子(たむら あきこ、1905年10月8日 - 1983年2月3日)は、新劇女優。

たむら あきこ
田村 秋子
田村 秋子
1949年
本名 伴田秋子(旧姓・田村)
生年月日 (1905-10-08) 1905年10月8日
没年月日 (1983-02-03) 1983年2月3日(77歳没)
出生地 日本の旗 日本東京府東京市下谷区
職業 女優
配偶者 友田恭助
著名な家族 父:田村西男
テンプレートを表示

小説家・劇作家の田村西男の長女として東京市下谷区に生まれる[1]。結婚後の本名は伴田秋子、旧姓田村。神田高等女学校卒業。1924年築地小劇場に入り、1927年「愛欲」などに出演する。1925年3月、俳優友田恭助と結婚、1932年友田ともに築地座を結成、1936年解散。

1937年9月6日、夫とともに「文学座」の結成に参加。だが友田はすぐに日中戦争に召集され10月6日に戦没した。文学坐は、11月31日、明子を主役とした旗揚興行を予定していたが、田村が「見世物」となることを拒否して、11月19日に上演中止に。

戦後1949年、文学座に名誉座員として迎えられ、自作「姫岩」で舞台復帰し1950年『ヘッダ・ガブラー』に主演、自伝『一人の女優の歩んだ道』(1962)がある。また里見弴が秋子をモデルとして書いた小説が『宮本洋子』である。作家・豊田正子はその晩年を『花の別れ-田村秋子と私』に描いている。

出演映画編集

著作編集

  • 姫岩・雪ごもり(三明社(文学座シリーズ 第1集) 1949年)
  • 一人の女優の歩んだ道(小山祐士共著 白水社 1962年)
  • 友田恭助のこと(伴田英司共著 中央公論事業出版 1972年)
  • 築地座 演劇美の本質を求めて(内村直也共著 丸ノ内出版 1976年)
  • 女優田村秋子(内村直也共著 文藝春秋 1984年)

脚注編集

  1. ^ 田村秋子 コトバンク

関連項目編集

外部リンク編集