メインメニューを開く

田村 邦行(たむら くにみち)は、江戸時代後期の大名陸奥一関藩第8代藩主。

 
田村 邦行
時代 江戸時代後期
生誕 文政3年7月23日1820年8月31日
死没 安政4年2月19日1857年3月14日
改名 顕允→行顕→邦行
別名 棣之丞
戒名 謙徳院殿温恭崇文大居士
墓所 東禅寺東京都港区
官位 従五位下、右京大夫
幕府 江戸幕府
主君 徳川家慶家定
陸奥一関藩第8代藩主
氏族 田村氏
父母 父:田村宗顕、母:慧明院
養父:田村邦顕
兄弟 邦顕邦行、鈴木顕泰
正室:成瀬正寿の娘・永貞院
側室:清鏡院
通顕

生涯編集

文政3年(1820年)7月23日、陸奥一関藩第6代藩主・田村宗顕の四男として一関にて生まれる。幼名は棣之丞

天保6年(1835年)9月1日、元服顕允(あきちか)と名乗る。天保11年(1840年)8月23日、兄の第7代藩主・邦顕が跡取りを残さず死去したため、その末期養子となり、11月30日に家督を相続して第8代藩主となり、行顕に改名。天保12年(1841年)4月25日には邦行へ再改名した。天保13年(1841年)4月11日、犬山藩主・成瀬正寿の娘・睦を正室に迎える。

藩政においては藩校・教成館の再興や医学館、慎成館の創設、西洋式軍隊や砲術の導入、農政改革など、様々な藩政改革を行って多くの成功を収めたため、名君として称えられた。

安政4年(1857年)2月19日死去。享年38。嫡男・通顕が家督を相続した。

系譜編集

家系は坂上氏流を称する田村氏。田村清顕娘・愛姫の末裔にあたる。

  • 父:田村宗顕
  • 母:側室・慧明院(鈴木氏・縫)

参考文献編集

  • 『一関市史』第一巻(岩手県一関市、1978年)