メインメニューを開く

田村 重信(たむら しげのぶ、1953年1月17日 - )は、日本の政治運動家自由民主党政務調査会嘱託(2018年8月-)。

日本国際問題研究所客員研究員、拓殖大学桂太郎塾名誉フェロー、国家基本問題研究所客員研究員[1]、防衛知識普及会理事長、防衛法学会理事、元慶應義塾大学大学院法学研究科非常勤講師(-2014年3月)、元自由民主党政務調査会調査役(-2018年1月)。

坂本博之後援会会長、日本論語研究会代表幹事[2]、日本政策学校「田村塾」塾長、世界日報系インターネットテレビ「パトリオットTV」メインキャスター、歌手。

略歴編集

訴訟編集

自身の著作『なぜか誰も書かなかった民主党研究』と『民主党はなぜ、頼りないのか 不毛の二大政党制の根源を探る』の中で、民主党岡田克也衆議院議員が通産官僚時代に国家公務員法に違反し、一族会社の取締役を兼務していたことおよび父である岡田卓也が創業したイオンに便宜を図った疑惑があるということの記載をめぐり、岡田が田村に1100万円の損害賠償請求を求めて訴訟をおこした。

第一審判決では、2冊とも「疑惑があると指摘した論評にとどまる」として名誉棄損を認めず、田村が勝訴した[12]

2009年2月5日の第二審判決では、2冊のうち1冊(『民主党はなぜ、頼りないのか 不毛の二大政党制の根源を探る』)について「疑惑を指摘した重要部分について事実とは認め難く、免責されない」として、名誉棄損に当たると認定。田村に対し110万円の賠償支払いを命令した[12][13]。同年6月26日、最高裁が田村の上告を棄却し田村の敗訴が確定した[13]

「田村文庫」編集

 
陸上自衛隊からの感謝状

読後の書籍を陸上自衛隊幹部候補生学校に寄贈し、「田村文庫」として自衛隊図書館の一角を占めている。2009年3月にはこれまでの寄贈の功績が称えられ、陸上自衛隊より感謝状が贈られた。

著作編集

憲法・安全保障関連編集

  • 『憲法と安全保障』(南窓社、1993年)
  • 『日本国憲法見直し論』(KKベストセラーズ、1994年)
  • 『日米安保と極東有事』(南窓社、1997年)
  • 『急げ!有事法制』(朝雲新聞社、2002年)
  • 『教科書 日本の安全保障』(共著、芙蓉書房出版、2004年)
  • 『政治と危機管理』(共著、内外出版、2006年)
  • 『防衛法制の解説』(共編著、内外出版、2006年)
  • 『新憲法はこうなるー美しいこの国のかたち』(講談社、2006年)
  • 『防衛省誕生―その意義と歴史』(編著、内外出版、2007年)
  • 『テロ特措法 海上自衛隊の給油活動』(防衛知識普及会編、内外出版、2007年)
  • 『新テロ対策特措法 石破防衛大臣に聞く』(防衛知識普及会編、内外出版、2007年)
  • 『岐路に立つ日本の安全―安全保障・危機管理政策の実際と展望』(共著、北星堂、2008年)
  • 『教科書・日本の防衛政策』(佐藤正久共編著、芙蓉書房出版、2008年)
  • 『日本の防衛法制』(共編著、内外出版、2008年)
  • 『防衛省改革』(防衛知識普及会編、内外出版、2008年)
  • 『海賊対策 海上警備行動と海賊対処法案』(防衛知識普及会編、内外出版、2009年)
  • 『漂流する日米同盟』(森本敏監修、海竜社、2010年)
  • 『日本の防衛法制 第2版』(編著、内外出版、2012年)
  • 『日本の防衛政策』(編著、内外出版、2012年)
  • 『これで納得!日本国憲法講義 前文・九条、九六条などの正しい解説』(内外出版、2013年)
  • 『改正 日本国憲法』(講談社+a新書、2013年)
  • 『安倍政権と安保法制』(内外出版、2014年)
  • 『平和安全法制の真実』(内外出版、2015年)
  • 『防衛装備庁と装備政策の解説』(共著、内外出版、2016年3月)
  • 『日本の防衛政策 第2版』(編著、内外出版、2016年)
  • 『知らなきゃヤバい!防衛政策の真実』(育鵬社、2017年)
  • 『新・防衛法制』(内外出版、2018年)
  • 『新防衛大綱の解説 平成30年12月18日国家安全保障会議決定・閣議決定』(内外出版、2019年)

政治関連編集

  • 『放送・通信新時代の制度デザイン』(共著、日本評論社、1994年)
  • 『龍ちゃん流・橋本龍太郎』(編著、KKベストセラーズ、1998年)
  • 『日華断行と日中国交正常化』(共著、南窓社、2000年)
  • 『橋本龍太郎とわたし』(共著、成甲書房、2001年)
  • 『なぜか誰も書かなかった民主党研究』(成甲書房、2005年)
  • 『日本の連立政権』(共著、振学出版、2005年)
  • 『民主党はなぜ、頼りないのか』(成甲書房、2007年)
  • 『日本共産党 本当に変わるのか!?』(筆坂秀世共著、世界日報社、2016年)
  • 『秘録・自民党政務調査会 16人の総理に仕えた男の真実の告白』(講談社、2019年)

人間学関連編集

  • 『人間の品格 『論語』に学ぶ人の道』(日本論語研究会編、内外出版、2007年)
  • 『続・人間の品格 『論語』に学ぶ人の道』(日本論語研究会編、内外出版、2008年)
  • 『日本を美しく! 続々・人間の品格 日本論語研究会講演録』(日本論語研究会編、内外出版、2010年)
  • 『おとなの論語-完全保存版人生の指標が見つかる!-』(監修、徳間書店、2012年)
  • 『尾崎行雄・咢堂塾 政治特別講座講義録』(共編著、内外出版、2013年)
  • 『いま、学ぶべき偉人伝!至誠通天』(内外出版、2013年)
  • 『運命を変える-自分の人生は、自分で切り拓くもの-』(共著、内外出版、2015年)
  • 『行動力 俺が日本を変えてやる』(共著、内外出版、2016年)
  • 『論語から人間学を学ぶ』(内外出版、2017年)
  • 『本を出すと人生が変わる!』(共著、内外出版、2017年)
  • 『自殺をしなかった僕の物語』(共著、内外出版、2018年)
  • 『生きづらい時代 どうしたら元気になれるか』(共著、内外出版、2019年)

CD編集

  • 『日本を美しく!/天に向かって!』(セントラルレコード、2010年)

脚注編集

  1. ^ 公益財団法人 国家基本問題研究所” (日本語). 公益財団法人 国家基本問題研究所. 2018年9月21日閲覧。
  2. ^ 日本論語研究会 | Just another WordPress site” (日本語). 2019年3月6日閲覧。
  3. ^ a b c d e f g h 田村重信 - 安保と論語と青空基金 - 田村重信について
  4. ^ 『人間の品格――「論語」に学ぶ人の道』
  5. ^ 自民の安保政策支えた田村重信氏が退職 産経新聞2018年1月11日
  6. ^ 日本論語研究会 -論語に学ぶ人の道-HP お知らせ:2009年10月 [2009.10.3]
  7. ^ 日本論語研究会 -論語に学ぶ人の道-HP 2013年4月(番匠幸一郎)
  8. ^ 日本論語研究会 -論語に学ぶ人の道-HP 第43回(加藤良三)
  9. ^ 普天間基地を思う 三橋貴明
  10. ^ 田村重信 ―安保と論語と青空基金― 安保
  11. ^ 『海外事情』2008年11月号(第56巻11号)
  12. ^ a b “民主岡田氏が逆転勝訴 自民職員に賠償命令”. 共同通信社. 47NEWS. (2009年2月5日). オリジナルの2013年12月12日時点によるアーカイブ。. http://web.archive.org/web/20131212150804/http://www.47news.jp/CN/200902/CN2009020501000871.html 2016年4月27日閲覧。 
  13. ^ a b “岡田幹事長の勝訴確定 自民党職員が名誉棄損”. 共同通信社. 47NEWS. (2009年6月26日). オリジナルの2015年8月2日時点によるアーカイブ。. http://web.archive.org/web/20150802014912/http://www.47news.jp/CN/200906/CN2009062601000793.html 2016年4月27日閲覧。 

外部リンク編集