メインメニューを開く
田村
Noh a.jpg
作者(年代)
不詳
形式
能柄<上演時の分類>
二番目物 勝修羅物
現行上演流派
異称
シテ<主人公>
 地主権現に仕える童子 坂上田村麻呂の霊
その他おもな登場人物
季節
晩春
場所
京都清水寺
本説<典拠となる作品>
このテンプレートの使い方はこちら

田村』(たむら)は、能楽におけるの演目のひとつ。修羅能。『』『八島』とともに勝修羅三番と言われる。

世阿弥作ともいわれる[1]

目次

登場人物編集

脚注編集

[ヘルプ]

出典編集

  1. ^ 高橋 1986, p. 209.

参考文献編集

  • 高橋崇 『坂上田村麻呂』 吉川弘文館〈人物叢書〉、1986年、新稿版。ISBN 978-4-642-05045-6