メインメニューを開く

田沼 意尊(たぬま おきたか)は、幕末江戸幕府若年寄遠江相良藩主、上総小久保藩初代藩主。相良藩田沼家8代。曾祖父は田沼意次

 
田沼意尊
時代 江戸時代後期
生誕 文政2年(1819年
死没 明治2年12月24日1870年1月25日
別名 金弥(幼名)、意尊
墓所 東京都豊島区駒込の勝林寺
官位 従五位下玄蕃頭
幕府 江戸幕府 若年寄
遠江相良藩主→上総小久保藩
氏族 田沼氏
父母 父:田沼意留
正室:久留島通嘉の娘
智恵(田沼忠千代正室、のち田沼望正室)、
養子:意斉(養嗣子)、忠千代

来歴編集

天保11年(1840年)7月20日、22歳で家督相続。大坂定番を務めた。

文久元年(1861年)9月14日、43歳で若年寄に就任する。

元治元年(1864年)、幕府軍総督として水戸藩浪士による天狗党の乱の鎮圧に努め、天狗党退去後には筑波山を占領しているが、部田野の戦いでは敗北した。なお、乱の鎮圧に必要な軍資金の調達に奔走した家老の井上寛司が、借金を返済できなかったために切腹するという出来事があった。翌元治2年(1865年)、越前国敦賀で降伏をした武田耕雲斎らを処刑した。

慶応2年(1866年)10月4日、若年寄を解任された。慶応4年(1868年)の鳥羽・伏見の戦いに幕府軍として参陣した。直後の2月に駿地方では最も遅く勤王証書を提出した。

明治元年(1868年)9月21日に上総小久保へ移封され、明治2年(1869年)6月24日、版籍奉還により藩知事となった。洋学を取り入れた近代的な藩校創設に尽力した。同年12月24日、51歳で死去した。

脚注編集