田沼 意留(たぬま おきとめ)は、江戸時代後期の大名遠江国相良藩主。官位従五位下備前守。相良藩田沼家7代。

 
田沼意留
時代 江戸時代後期
生誕 不明
死没 文久元年9月17日1861年10月20日
改名 熊五郎(幼名)、意留、楽山(号)
墓所 東京都豊島区駒込の勝林寺
官位 従五位下備前守
幕府 江戸幕府
主君 徳川家斉家慶
遠江相良藩
氏族 田沼氏
父母 田沼意正水野忠友
兄弟 意留柳生俊能柳生俊章正室ら
堀直教
分部光賓
意尊久留島通容正室
テンプレートを表示

生涯編集

先代藩主・田沼意正の長男。文化2年(1805年)閏2月15日、11代将軍・徳川家斉御目見する。文政2年(1819年)8月9日、父・意正の若年寄就任に伴って菊之間詰となる。12月16日、従五位下・備前守に叙任される。天保7年(1836年)4月21日、家督を相続し、雁之間詰となる。同年8月、天保の大飢饉による凶作で領内に多数の餓死者を出すなど、前途多難であった。

天保11年(1840年)7月20日、家督を嫡男・意尊に譲って隠居する。天保14年(1843年)11月25日、楽山と号す。文久元年(1861年)9月17日死去。