メインメニューを開く

田端 (東京都北区)

東京都北区の町名
日本 > 東京都 > 北区 > 田端 (東京都北区)

田端(たばた)は、東京都北区町名。現行行政地名は田端一丁目から田端六丁目。郵便番号は114-0014[2]

田端
田端文士村記念館
田端文士村記念館
田端の位置(東京23区内)
田端
田端
田端の位置
北緯35度44分13.54秒 東経139度45分24.51秒 / 北緯35.7370944度 東経139.7568083度 / 35.7370944; 139.7568083
日本の旗 日本
都道府県 Flag of Tokyo Prefecture.svg 東京都
特別区 Flag of Kita, Tokyo.svg 北区
地区 滝野川地区
面積
 • 合計 0.633km2 (0.244mi2)
人口
2017年(平成29年)12月1日現在)[1]
 • 合計 14,572人
 • 密度 23,000/km2 (60,000/mi2)
等時帯 UTC+9 (日本標準時)
郵便番号
114-0014[2]
市外局番 03[3]
ナンバープレート 練馬
※座標は区立滝野川第一小学校付近

目次

地理編集

東京都北区・滝野川地区の東部に位置している。田端1丁目と東田端1丁目の境にJR山手線京浜東北線田端駅がある(駅の大部分は東田端にあたる)。2008年平成20年)に駅ビル「アトレヴィ田端」が完成した。滝野川警察署滝野川消防署の管轄下にあたる。

地価編集

住宅地の地価は2017年(平成29年)の公示地価によれば田端2-11-13の地点で52万6000円/m2となっている。

歴史編集

江戸時代豊島郡田端村が起源。現在の田端駅はかつての田端村の崖地だったところにあり、従来の田端は駅西部、いわば崖の上側、道灌山台地上にあった。江戸時代には、江戸の鬼門を守る上野東叡山寛永寺の寺領が多くを占め、このほか多くの寺社が建てられた。鶯谷に住んだ明治の俳人・正岡子規の墓がある大龍寺も田端である。

田端村は1889年(明治22年)の町村制施行により北豊島郡滝野川村(1913年に町制施行し滝野川町へ)大字田端となる。1930年には大字田端より一部地域が大字田端新町一~三丁目として分立。滝野川町は1932年(昭和7年)に東京市へ編入され滝野川区へ移行し、大字田端は田端町となる。1947年(昭和22年)に滝野川区は王子区と合併し北区が成立。1965年以降、田端町に順次住居表示が施行され田端一~六丁目・東田端一~二丁目・中里三丁目の一部となって現在に至っている。

沿革編集

  • 1965年昭和40年)5月15日 - 住居表示により田端町の一部が東田端一~二丁目として分立。
  • 1976年(昭和51年)5月1日 - 住居表示により田端町の残部全域が田端一~六丁目および中里三丁目(一部)となる。田端町は廃止。

町名の変遷編集

実施後 実施年月日 実施前
田端一丁目 1976年(昭和51年)5月1日 田端町
田端二丁目
田端三丁目
田端四丁目
田端五丁目
田端六丁目

地名の由来編集

田圃の端(はじ)に拓いた村であることから、田端と名づけられたといわれる。

ナウマンゾウ編集

1896年日本鉄道線の上野駅王子駅の間に田端駅が開設された。2年後の1898年、駅構内の崖を削り役宅を造成した際に、ゾウ類の牙(切歯)の化石が発見され、東京帝国大学理学部地質学教室に持ち込まれた[4]。大学院生(当時)だった徳永重康が翌年にかけて現地で調査し、海成砂層(東京層)とローム層に挟まれる青灰色粘土層(本郷層)から臼歯2本を採集した[5]。徳永はこれらを記載した論文を1906年に発表した。これは日本人の手による最初の脊椎動物化石の研究であり、専門家の手によって採集され産出層準等の情報とともに記載された脊椎動物化石としても日本初であった。徳永はヨーロッパのアンティクースゾウ (w:en:Straight-tusked Elephant) のものとしたが、現在では独立種ナウマンゾウのものであることがわかっている。これらの標本は犬塚則久によって再研究され、若いオスのナウマンゾウの左下顎第一大臼歯、右下顎第一大臼歯、および左切歯であると同定されている[6]。このナウマンゾウ田端標本は東京大学総合研究博物館に保管され、レプリカが北区飛鳥山博物館に展示されている。

世帯数と人口編集

2017年(平成29年)12月1日現在の世帯数と人口は以下の通りである[1]

丁目 世帯数 人口
田端一丁目 3,137世帯 5,332人
田端二丁目 1,016世帯 1,641人
田端三丁目 1,838世帯 3,121人
田端四丁目 838世帯 1,381人
田端五丁目 1,177世帯 1,925人
田端六丁目 749世帯 1,172人
8,755世帯 14,572人

小・中学校の学区編集

区立小・中学校に通う場合、学区は以下の通りとなる[7][8]

丁目 番地 小学校 中学校
田端一丁目 全域 北区立田端小学校 北区立田端中学校
田端二丁目 全域
田端三丁目 全域
田端四丁目 全域
田端五丁目 全域
田端六丁目 全域

施設編集

教育機関編集

かつて存在していた教育機関編集

史跡編集

交通編集

出身・ゆかりのある人物編集

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ a b c 世帯と人口”. 北区 (2017年12月10日). 2017年12月19日閲覧。
  2. ^ a b 郵便番号”. 日本郵便. 2017年12月19日閲覧。
  3. ^ 市外局番の一覧”. 総務省. 2017年12月19日閲覧。
  4. ^ 北区飛鳥山博物館 (1999). 北区飛鳥山博物館常設展示案内. 東京都北区教育委員会. pp. 120p. 
  5. ^ 岩崎泰頴 (1976). “(表紙)”. 東京大学理学部広報 7 (10): 1. http://docs.s.u-tokyo.ac.jp/pub/%E5%AD%A6%E5%A4%96/Pro/%E7%90%86%E5%AD%A6%E7%B3%BB%E7%A0%94%E7%A9%B6%E7%A7%91%E3%83%BB%E7%90%86%E5%AD%A6%E9%83%A8%E3%83%8B%E3%83%A5%E3%83%BC%E3%82%B9/19760100_7_10.pdf. 
  6. ^ 犬塚則久 (1999). “ナウマンゾウの研究と田端標本再考”. 北区飛鳥山博物館研究報告 1: 1-40. 
  7. ^ 小学校通学区域一覧”. 北区 (2017年11月7日). 2017年12月19日閲覧。
  8. ^ 中学校通学区域一覧”. 北区 (2017年4月1日). 2017年12月19日閲覧。
  9. ^ a b c 『日本紳士録 第40版』東京サの部268-269頁(国立国会図書館デジタルコレクション)。2018年7月20日閲覧。

参考文献編集

  • 交詢社編『日本紳士録 第40版』交詢社、1936年。

関連項目編集

外部リンク編集