メインメニューを開く

田老駅

日本の岩手県宮古市にある三陸鉄道の駅

田老駅(たろうえき)は、岩手県宮古市田老字小林にある三陸鉄道リアス線の駅である。

田老駅
築堤下から見上げた駅(2013年9月29日)
築堤下から見上げた駅(2013年9月29日)
たろう
TARŌ
佐羽根 (3.6km)
(8.8km) 摂待
所在地 岩手県宮古市田老字小林
所属事業者 三陸鉄道
所属路線 リアス線
キロ程 104.7km(起点)
電報略号 タロ
駅構造 地上駅
ホーム 1面2線
開業年月日 1972年昭和47年)2月27日
テンプレートを表示

駅の愛称は「銀色のしぶき」。アワビの養殖やサケ漁が盛んな港町の駅であることに由来する。

歴史編集

  • 1972年昭和47年)2月27日日本国有鉄道宮古線の終着駅として開業。当初はホーム1面1線で、現在の写真同様に築堤に開いたトンネルから直接駅ホームに出入りする構造だった。
  • 1984年(昭和59年)4月1日:三陸鉄道に移管。当駅 - 普代駅間が延伸開業。北リアス線の所属となる。
  • (時期不明):田老物産観光センターが新築され、駅舎を兼ねるようになる。また、列車交換設備が増設される。
  • 2011年平成23年)
    • 3月11日東日本大震災により北リアス線が全線不通となる。当駅前一帯も津波で大きな被害を受けて駅舎が破壊され、線路上に瓦礫が散乱するも、ホームの倒壊は免れた。
    • 3月20日宮古駅 - 当駅間の運行再開に伴い、営業を再開。
    • 3月29日:当駅 - 小本駅間の運行が再開。
  • 2019年(平成31年)3月23日 - 東日本旅客鉄道山田線釜石駅 - 宮古駅間の三陸鉄道への経営移管に伴い、リアス線所属となる。

駅構造編集

島式ホーム1面2線を有する地上駅である。また、山側に側線を1本持つ。

当駅は2019年3月に旧JR山田線区間が三陸鉄道に移管されたことで岩手船越駅にその座を譲るまで、日本の私鉄・第3セクターで本州最東端の旅客駅となっていた。

かつて田老町観光協会が受託する簡易委託駅であり、出札窓口などを備える「田老物産観光センター」を駅舎として有していたが、東日本大震災によりその駅舎は外壁を残して全壊、更に駅舎とホームの間を結ぶ階段も瓦礫で埋め尽くされたほか、駅周辺の一部箇所で津波に晒された[1][2][3]

その後、駅舎は取り壊され、現在は無人駅となっている[1]

のりば編集

番線 路線 方向 行先
1 リアス線 上り 宮古釜石方面
2 下り 久慈方面

利用状況編集

2015年度(平成27年度)の年間乗車人員は20,938人である[4]

近年の推移は下記のとおりである。

乗車人員推移
年度 乗車人員 出典
2012年(平成24年) 17,755 [4]
2013年(平成25年) 19,120
2014年(平成26年) 20,970
2015年(平成27年) 20,938

駅周辺編集

隣の駅編集

三陸鉄道
リアス線
快速
一の渡駅田老駅岩泉小本駅
普通
佐羽根駅 - 田老駅 - 新田老駅(事業中)- 摂待駅
  • 新田老駅は2020年春開業予定

脚注編集

[ヘルプ]

注釈編集

出典編集

  1. ^ a b 冨手淳 (2013年9月). “田老駅(三陸鉄道北リアス線…東北)”. Web日本鉄道旅行地図帳 全線・全駅・全廃線. 新潮社. 2014年7月27日時点のオリジナルよりアーカイブ。2014年7月27日閲覧。
  2. ^ 望月正彦(三陸鉄道代表取締役社長)「お年寄りや高校生の足「三鉄」の震災から復興へ (PDF) 」 『Consultant』第263巻、建設コンサルタンツ協会、2014年4月、 26-29頁、2014年7月27日閲覧。アーカイブ
  3. ^ (第2編 各鉄道の被災と復旧)第3章 三陸鉄道 (PDF) 」 『よみがえれ!みちのくの鉄道』、東北の鉄道震災復興誌編集委員会(国土交通省東北運輸局)、2012年9月、 140-159頁、2014年7月27日閲覧。アーカイブ
  4. ^ a b 8 運輸・通信 (PDF)”. 宮古市の統計 平成28年版. 宮古市. p. 50 (2016年). 2018年3月8日閲覧。

関連項目編集

外部リンク編集