メインメニューを開く

田辺 修(たなべ おさむ、1944年4月23日 - )は、徳島県出身の元プロ野球選手投手)。

田辺 修
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 徳島県美馬郡貞光町
生年月日 (1944-04-23) 1944年4月23日(75歳)
身長
体重
177 cm
75 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 投手
プロ入り 1963年
初出場 1963年
最終出場 1971年
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

同じく元プロ野球選手・十川雄二の叔父にあたる。

来歴・人物編集

美馬商工ではエースとして活躍、1961年秋季四国大会県予選で準々決勝に進むが徳島商に敗れる。翌1962年夏の甲子園県予選でも準々決勝に進むが池田高に敗退。

1963年近鉄バファローズへ入団。同年から一軍で起用されるが結果は残せなかった。3年目の1965年は5月末から先発として起用され、6月2日には山本重政をリリーフして東映から初勝利。17日には西鉄井上善夫と投げ合い初完封勝利を飾るなど、同年は5勝、1966年も4勝を挙げた。1967年も先発として起用されるが、わずか1勝と不振に陥り、その後は主に中継ぎに回る。

1970年中日ドラゴンズへ移籍し、5月には阪神から完投勝利。8月から先発に定着し星野仙一と並ぶチーム最多の41試合に登板する。9月16日には大洋平松政次と互いに無失点で投げ合い、9回裏に谷沢健一の犠打でサヨナラ勝ちを飾った。同年は初の2桁勝利となる11勝を挙げ、防御率1.98(リーグ3位)の好記録を残す。しかし翌1971年は2勝に終わり、1972年は登板機会が無く、同年を最後に引退した。

足を高く上げる独特のフォームで速球に威力があり、変化球もスライダー、カーブ、チェンジアップ等多彩な球種を持っていた。

詳細情報編集

年度別投手成績編集





















































W
H
I
P
1963 近鉄 5 1 0 0 0 0 0 -- -- ---- 27 6.0 6 0 2 0 0 4 0 0 4 2 3.00 1.33
1964 1 0 0 0 0 0 0 -- -- ---- 9 1.2 2 0 1 0 0 0 0 0 2 0 0.00 1.80
1965 39 19 4 2 1 5 9 -- -- .357 643 159.1 125 17 63 0 1 66 2 0 62 54 3.06 1.18
1966 29 15 3 1 0 4 4 -- -- .500 477 119.1 105 8 33 2 3 63 1 1 43 37 2.80 1.16
1967 24 13 1 0 0 1 7 -- -- .125 323 74.1 85 6 26 2 1 48 0 0 40 32 3.89 1.49
1968 23 5 0 0 0 0 1 -- -- .000 176 38.2 44 4 15 1 1 26 0 0 24 22 5.08 1.53
1969 12 1 0 0 0 0 0 -- -- ---- 91 20.2 24 1 8 0 0 7 0 0 10 10 4.29 1.55
1970 中日 41 12 9 3 3 11 7 -- -- .611 645 167.2 127 12 28 6 3 88 0 1 42 37 1.98 0.92
1971 14 8 0 0 0 2 3 -- -- .400 180 39.0 52 3 17 0 2 17 0 0 22 20 4.62 1.77
通算:9年 188 74 17 6 4 23 31 - -- .426 2571 626.2 570 51 193 11 11 319 3 2 249 214 3.07 1.22

背番号編集

  • 64 (1963年 - 1966年)
  • 13 (1967年 - 1969年)
  • 33 (1970年 - 1972年)

関連項目編集