メインメニューを開く

田辺厚子(たなべ あつこ、1935年2000年6月)は、日本の評論家。

略歴編集

兵庫県出身。本姓・馬場。夫は日産の馬場亮四郎(1936-)。関西学院大学文学部英文科中退、メキシコ国立自治大学大学院修士課程修了[1]、1974年メキシコ国立自治大学外国語センターアジア語部長、同文学部助教授。フロンテーラ・ノルテ大学院教授を務め、1998年退官。三十数年に及ぶメキシコ在任中に、日本・メキシコ両国の文化交流に大きく貢献したことに対し、1988年に日本国外務大臣賞受賞。99年にはメキシコ・アメリカ国境における活躍に対し、カリフォルニア州知事より表彰。メキシコにて没。享年64歳[2]

著書編集

  • 『ビバ!メキシコ』1984 講談社現代新書
  • 『住んでみたメキシコ 知るほどに不思議な国』サイマル出版会 1985
  • 『亡命の文化 メキシコに避難場所を求めた人たち』サイマル出版会 1986
  • 『女が外国へ出るとき』文芸春秋 1989 のち文庫
  • 『北斎を愛したメキシコ詩人 ホセ・フアン・タブラーダの日本趣味』PMC出版 1990
  • 『女が外国で働くとき』文芸春秋 1993
  • フリーダディエゴ 伝説のカップル』竹林館 1996
  • 『メキシコ文化に残された日本人の足跡』Programa de Estudios Japoneses El Colegio de la Frontera Norte 1997
  • 『夫婦再発見』文藝春秋 1998
  • 『唇の傷 田辺厚子詩集』竹林館 (ポエム・デュバーン 1999
  • 『女が国境に生きるとき』碧天舎 2004

脚注編集

  1. ^ 『現代日本人名録』1987
  2. ^ 『女が国境に生きるとき』著者紹介