田辺 秀樹(たなべ ひでき、1948年8月10日[1] - )は、日本の音楽学・ドイツ文学者、一橋大学名誉教授。

東京生まれ。1972年東京大学文学部独文科卒、同大学院修士課程修了。ボン大学に学び、ドイツ、オーストリア各地でオペラやコンサートに通う。帰国後、一橋大学助教授、同言語社会研究科教授(ドイツ語・音楽文化論担当)、2012年定年退官、名誉教授。主要な研究対象はモーツァルト、ドイツ語圏の歌曲、歌劇、芸能など。オペラ、コンサートの解説などで幅広く活動の傍ら、「酒席ピアニスト」としても活躍[2]

著書編集

  • 『モーツァルト カラー版作曲家の生涯』新潮文庫 1984
  • 『モーツァルト16の扉』小学館 1995
  • 『やさしく歌えるドイツ語のうた 歌の翼にドイツ語のせて!』日本放送出版協会 2006

翻訳編集

論文編集

脚注編集

  1. ^ 『現代日本人名録』2002
  2. ^ 『やさしく歌えるドイツ語のうた』著者紹介

外部リンク編集