メインメニューを開く

田辺裕 (地理学者)

日本の人文地理学者

田辺 裕(たなべ ひろし、1936年10月6日 - )は、日本人文地理学者、東京大学名誉教授、広尾学園中学校・高等学校校長[1]田邉 裕と表記されることもある。

政治地理学の立場から、市町村の領域と内部構造について検討し、明治時代の市町村合併の研究などで高く評価された[2]。また、フランスの地理学的研究に取り組み、フランス地理学の日本への紹介、日仏の文化交流にも関わった[2]

目次

経歴編集

神奈川県生まれ。神奈川県立横浜翠嵐高等学校を経て、東京大学に進む。学生時代には文学青年の一面もあり、宮原昭夫らと文芸同人誌を作っていた[1]1959年に東京大学教養学部教養学科人文地理学専攻を卒業し、1961年に同大学院理学研究科修士課程修了した後、1963年に博士課程を中途退学して、教養学部助手となった[3]1966年、「行政地域としての市町村の地理学的研究」で理学博士[4]

1966年から1968年までフランスレンヌ大学に留学[3]1971年に東京大学教養学部助教授、1986年に教授[3]1991年に外務省文化交流部より派遣され、パリ国際大学都市日本館館長となり、1993年に任期を終えて東京大学に復帰[1][3]1997年に定年退官し、名誉教授の称を受け、慶應義塾大学経済学部教授に転じる[3]。同年には、フランス政府より学術勲章(Palmes académiques オフィシエ章)を授与されている[3]

2002年、慶應義塾大学を定年退職し、帝京大学経済学部教授となり、大学院経済学研究科長、経済学部長などを務めた後、2010年に退任[5]

この間、2000年から2008年にかけて、国際地理学連合 (IGU) の副会長を務めた[3][6]

2013年広尾学園中学校・高等学校校長に就任[7]

著書編集

  • 『人文地理学とその周辺』第1-3巻、私家版、1997年(田邊裕著作選)
  • 『もう一度読む山川地理』山川出版社、2012年
  • 『奇跡の学校 広尾学園の挑戦』学事出版、2019年

共編著編集

  • 西川治・河辺宏共著『地理学と教養 人文地理学とその周辺』古今書院、1971年
  • 西川治・河辺宏共著『地理学と世界 人文地理学とその周辺』古今書院、1971年
  • 『職業からみた人口 その地域構造と変動』大蔵省印刷局、1996年9月
  • 田辺裕総監修、木村英亮・中俣均監修『世界地理大百科事典 6 ヨーロッパ』朝倉書店、2000年9月
  • 『観光産業と観光地の現場 経済社会の変化とその産業構造に与える影響 研究報告』私家版、2010年3月

翻訳編集

  • ジャン・ベルナール・シャリエ著、有本良彦共訳『都市と農村』白水社、1966年(文庫クセジュ)
  • フェーヴル著『大地と人類の進化(下巻) 歴史への地理学的序論』岩波書店、1972年(岩波文庫)
  • オリヴィエ・ドルフュス著、浜田真之共訳『地域分析』白水社、1977年11月(文庫クセジュ)
  • ロラン・ブルトン著、中俣均共訳『言語の地理学』白水社、1988年4月(文庫クセジュ)
  • 阿部一共訳『図説大百科 世界の地理 1 アメリカ合衆国I』朝倉書店、1996年9月
  • 滝沢由美子・竹中克行共訳『図説大百科 世界の地理 10 イベリア』朝倉書店、1997年10月
  • Susan Mayhew編集、田辺裕監訳『オックスフォード地理学辞典』朝倉書店、2003年11月

出典・脚注編集

  1. ^ a b c 【トップインタビュー】広尾学園中学校・高等学校 校長 田邉裕先生 副校長 角田陸男先生”. 読売受験サポート(読売新聞社). 2013年8月23日閲覧。
  2. ^ a b 名誉会員候補者推薦委員会 2010年度活動報告 名誉会員候補者:田邉 裕会員”. 日本地理学会. 2013年6月1日閲覧。
  3. ^ a b c d e f g 田邉裕「履歴と業績 (PDF) 」 、『帝京経済学研究』第44巻第1号、帝京大学経済学部、2010年、 5-10頁、2013年6月1日閲覧。
  4. ^ 行政地域としての市町村の地理学的研究 田辺裕”. 国立国会図書館. 2013年5月26日閲覧。
  5. ^ 廣田功贈る言葉 (PDF) 」 、『帝京経済学研究』第44巻第1号、帝京大学経済学部、2010年、 1-3頁、2013年5月26日閲覧。
  6. ^ 人文地理学会国際地理学連合』2009年3月5日更新(2013年5月26日閲覧。)
  7. ^ 大橋清貫前学園長離任式・田邉裕校長着任挨拶”. 広尾学園中学校高等学校 (2013年4月20日). 2013年5月26日閲覧。

外部リンク編集