田 麗玉(チョン・ヨオク、전여옥1959年4月19日 - )は、大韓民国政治家、元国会議員。元ハンナラ党スポークスパーソン。KBS東京特派員時代に書いた『悲しい日本人』で日本でも知られる。ソウル出身[1]

チョン・ヨオク
전 여옥(田 麗玉)
生年月日 (1959-04-19) 1959年4月19日(64歳)[1]
出生地 ソウル特別市
前職 韓国放送公社(KBS)記者
国会議員
所属政党 (ハンナラ党→)
セヌリ党→)
国民の考え  
公式サイト oktalktalk.com
選挙区 永登浦区甲
当選回数 2回
テンプレートを表示
田麗玉
各種表記
ハングル 전여옥
漢字 田麗玉
発音: チョン・ヨオク
ローマ字 Jeon Yeook
テンプレートを表示

放送記者時代 編集

1982年2月、梨花女子大学校社会学科卒業。1981年11月から1994年まで韓国放送公社(KBS)報道本部記者として勤務し、1991年1月から1993年8月まで東京特派員。特派員時代の経験を書いた毒舌的日本女性論『日本はない』(1993年出版)がベストセラーとなり、日本でも『悲しい日本人』(金学文・訳、1994年出版)と題してたま出版から翻訳出版された。以後、『日本はない2』や『女性よ、テロリストになれ』、『札幌でビールを飲む』などを執筆、毒舌評論で知られる。この間、西江大学校公共政策大学院国際関係政治学科を卒業し、梨花女子大政治学科大学院博士課程に入ったが休学中。

政界入り以降 編集

2004年3月ハンナラ党に入党し、同年4月の総選挙で国会議員に当選、同党広報責任者に就任した。与党ウリ党批判に得意の毒舌を振るう。2男1女の母親でもある。

李明博大統領就任後に行われた2008年4月の第18代総選挙で再選された。第18代国会では、国土海洋委員会委員や出産高齢化対策特別委員会幹事、ハンナラ党の戦略企画本部長などを務めた。2012年3月、4月に予定されている第19代総選挙におけるセヌリ党(ハンナラ党が2012年2月に党名改称して発足)の公薦から脱落したことをきっかけに同党を離党して、保守中道新党「国民の考え」に入党した[2]。総選挙では比例名簿1位で立候補したが、セヌリ党と民主統合党の狭間で埋没した結果、0.7%の支持に留まり議席を獲得できず落選した[3]。その後、2016年時点では政界に戻る意思はないと明言した[4]

なお、田は朴槿恵がハンナラ党代表であった時期に彼女を補佐し、報道担当者を務めたが、大統領候補選挙の途中に李明博の方に鞍替えした[4][5]。補佐官を務めた時期から朴槿恵と崔太敏崔順実の関係を知っていたため、朴槿恵は大統領を務める資質がなく、大統領になったら大変なことになると述べた[4][6]。ただし、朴のプライバシーに配慮して長い間にメディアでこのことを言わず[4]崔順実ゲート事件の発覚以降にようやく朴槿恵の過去について話した[6]。また、国民の力元代表の李俊錫とも仲が悪い。2011年当時、田は李と一緒に放送に出演したが、入党ばかりの李はそこで「朴槿恵キッズ」として田を「背信者」と呼んだため、田も李を「朴衛兵」と呼んで応酬した。さらにその後に李は何事もないように田に挨拶し、田を驚かせた[7]

2023年5月末には大腸癌4期の闘病中であると公表した[8]

盗作問題 編集

2004年、オーマイニュースが『日本はない』に、他人のアイデアや資料が盗用されたとの報道を行ったことに対し、民事訴訟でオーマイニュースに対する民事訴訟を起こしたが、2007年7月、裁判所は「報道内容は事実である」との判決を下し、田は敗訴した。その判決を不当であると主張した者が、「裁判所に爆弾を仕掛けた」と嘘の電話をマスコミにした。2010年1月15日、控訴審でも田は敗訴した。2012年5月18日、大法院3部は、原告敗訴の判決を下した原審を確定した[9]

略歴 編集

学歴 編集

1982年:梨花女子大学校社会学科卒業
1997年:西江大学校公共政策大学院政治学修士

経歴 編集

1981年~1994年:韓国放送公社記者
1991年~1994年:東京特派員
1994年~1996年:MYTV制作部主幹
1996年~1999年:プロダクション代表
2004年3月~2005年11月:ハンナラ党代弁人(スポークスマン)
2004年5月~2008年4月:第17代ハンナラ党国会議員(比例代表)
2006年:国会科学技術情報通信委員会、女性委員会の委員
2006年7月~2007年4月:ハンナラ党最高委員
2007年:李明博大統領候補選挙対策委員会副委員長
2008年5月~:第18代ハンナラ党国会議員(ソウル特別市永登浦区甲)
2012年3月9日:セヌリ党を離党、「国民の考え」入党
2012年4月11日:第19代総選挙で落選。
出典:田麗玉ホームページの“田麗玉プロフィール”と東亜日報編『東亜年鑑 2008』の「現役人名録」を参照して作成

脚注 編集

  1. ^ a b 대한민국헌정회”. www.rokps.or.kr. 2023年8月15日閲覧。
  2. ^ “전여옥 "공천 보수학살"..국민생각 입당(田麗玉“公薦 保守虐殺”。。国民の考え入党)”. 聯合ニュース(本国版). (2012年3月9日). http://www.yonhapnews.co.kr/bulletin/2012/03/09/0200000000AKR20120309054352001.HTML 2012年3月9日閲覧。 
  3. ^ “이철우 83.5%로 최고득표율… 이낙연 가장 먼저 당선 확정(李喆雨83.5%で最高得票率・・・李洛淵まず最初に当選確定)”. 東亜日報(本国版). (2012年4月12日). http://news.donga.com/Politics/3/00/20120412/45459644/1 2012年5月19日閲覧。 
  4. ^ a b c d 전여옥 “박근혜 최태민 관계, 치맛자락 들춰보고 싶지 않았다”” (朝鮮語). 서울신문 (2016年12月8日). 2023年10月6日閲覧。
  5. ^ [オピニオン]4年間の沈黙を破った田麗玉氏”. 동아일보 (2016年10月31日). 2023年10月6日閲覧。
  6. ^ a b [Why] 스위스 계좌설에 태연했던 朴대표… 10분 뒤 펄펄 뛰며 "野 고소하겠다"” (朝鮮語). 조선일보 (2016年10月29日). 2023年10月6日閲覧。
  7. ^ 이준석 "양두구육" 응수에…전여옥 "왕소름" 11년전 일화 떠올렸다” (朝鮮語). 중앙일보 (2022年7月28日). 2023年10月6日閲覧。
  8. ^ 현예슬 (2023年5月29日). “전여옥 '대장암 4기' 투병 고백…"암 걸렸다니 좌파들 좋아해"” (朝鮮語). 중앙일보. 2023年10月6日閲覧。
  9. ^ “田麗玉議員、「日本はない」盗作損害賠償訴訟で敗訴=韓国”. 中央日報. (2012年5月19日). http://japanese.joins.com/article/363/152363.html?servcode=400&sectcode=430 2012年5月19日閲覧。 

外部リンク 編集