メインメニューを開く

由布 惟信(ゆふ これのぶ)は、戦国時代から江戸時代初期にかけての武将立花氏家老で立花四天王筆頭とされる、道雪七家老の第五座。立花氏時代の棚倉藩重臣。

 
由布惟信
時代 戦国時代 - 江戸時代初期
生誕 大永7年(1527年)?
死没 慶長17年6月24日1612年7月22日
改名 熊若丸(幼名)→惟延→惟信→雪下(号)
別名 通称:源兵衛、八郎、孫十郎、源五兵衛尉、源五左衛門
官位 美作守上総守
主君 大友氏立花道雪宗茂
陸奥棚倉藩
氏族 由布氏
父母 父:由布惟巍
兄弟 惟信碁晨
由布惟克
惟定惟次惟紀田尻宗仙
テンプレートを表示

生涯編集

由布惟巍の子として誕生。元々は大友氏の家臣で豊後国速見郡湯布院城主であったのだが、立花道雪に付き従う際に弟・碁晨に家督を譲り、残りの人生を立花氏のために尽くす。「天資英邁にして剛毅也」と伝わる、立花道雪の重臣として六十五回の合戦に参加し六十五ヶ所の傷を受け一番槍一番乗り一番首は数知れず、感状は七十通ほど賜るなど武勇を誇った。家中に小野鎮幸と共に、立花道雪が孫子兵法の「奇正相生」を引用しての奇と正の両翼として立花双翼と称揚され、惟信は正の将を任じた[1][2]

特に永禄5年(1562年)7月13日には、豊前国大里において対毛利氏の柳浦の戦いに一番槍の戦功を挙げ、その騎馬疾駆や縦横馳突の活躍ぶりを敵味方とも驚かせたと伝わる[3][4][5][6]永禄8年(1565年)7月4日、立花山崖下の戦いで立花鑑載配下の猛将・弥須図書助を討ち取って、友軍を鼓舞させた[7]。また、博多津東分役職を任され、秀でた政治手腕を発揮した。のち立花宗茂が柳川大名になった際、3500石の俸禄を受領し、酒見城主となった。

天正15年(1587年)9月、肥後国人一揆討伐にも従軍、同じ老齡であった十時惟由と共に先鋒に任じて疾駆の勢いで敵を奇襲突破し、大田黒城攻めで再び一番乗りの戦功を挙げた。

立花氏の名忠臣編集

立花道雪の遺言で「戦場の地に甲冑着け埋葬せよ」との命に家臣共々が頭を抱えていた時に、殉死しようとする家臣を説得し無事に丁重に埋葬する事に貢献した。道雪死後もその養子・立花宗茂を助け、慶長5年(1600年)の関ヶ原の戦いで西軍についたため改易された主君・宗茂に随従して江戸に赴いた。慶長8年(1603年)、宗茂が将軍徳川家康に見出されて棚倉藩1万石に封じられると、江戸で将軍に近侍する宗茂に代わって、子・惟次と共に藩内の行政を担当した。

系譜編集

脚注編集

  1. ^ 『旧柳川藩志』第十八章 人物 第十三節 柳川人物小伝(三)由布雪下 862頁
  2. ^ 『柳川藩叢書』第一集 (九五)略伝小伝(二十)由布惟信小伝 252・253頁
  3. ^ 『柳川市史』史料編V近世文書(後編)118由布文書(10)戸次鑑連感状写 永祿五年七月十三日大里津柳浦合戦の戦功を賞す 由布源五兵衛尉殿雪下(惟信)339頁
  4. ^ 『福岡県史資料. 第9輯』[1]
  5. ^ 『旧柳川藩志』第十八章 人物 第十三節 柳川人物小伝(三)由布雪下 862頁
  6. ^ 『柳川藩叢書』第一集 (九五)略伝小伝(二十)由布惟信小伝 252・253頁
  7. ^ 『旧柳川藩志』第十八章 人物 第十三節 柳川人物小伝(三)由布雪下 862頁

関連項目編集