甲府藩(こうふはん)は、甲斐国に存在したの一つ。

目次

戦国時代編集

甲斐国戦国時代守護武田氏により国内統一され、武田信虎から晴信(信玄)期にかけて甲府に府中が移転され、甲府盆地北縁の相川扇状地に居館である躑躅ヶ崎館が築造され、要害山城や後に甲府城が築かれる一条小山などの支城が築かれて府中防衛体制が整えられ、館を中心とした城下町の整備が行われた。

信玄期から勝頼期にかけて武田氏は信濃、駿河に領国を拡大させ、甲府城下町も拡張した。勝頼期には長篠の戦いでの織田・徳川連合軍への大敗を契機とした領国の動揺を招き、甲府から西の韮崎に新たに府中の移転を試みて新府城を築城して領国の維持を図るが、天正10年(1582年)には織田・徳川連合軍の侵攻により滅亡した。

武田氏の滅亡後、織田信長は家臣の河尻秀隆に甲斐一国を与えるが、同年6月に本能寺の変で信長が横死すると、甲斐では武田遺臣による一揆で秀隆が殺害され、無主状態に陥った。武田遺領は遠江の徳川家康と相模の北条氏政が争った天正壬午の乱の結果徳川氏の支配となる。家康は家臣の平岩親吉に新たに一条小山に甲府城を普請させ、甲斐の守備を任せた。

天正18年(1590年)、豊臣政権に臣従した家康は関東に移封され、徳川領と接する甲斐は重要視され、豊臣秀勝加藤光泰浅野長政浅野幸長父子などの豊臣系大名が入国した。

藩史編集

慶長5年(1600年)、関ヶ原の戦いで幸長は東軍に与して功を挙げたため、紀州藩へ加増移封された。その後、家康の八男で平岩親吉の養子・徳川仙千代が親吉の後見のもとに入ったが、同年のうちに夭折。そのため、家康の九男・徳川義直(五郎太丸)が25万石で入るが、幼少であったため、やはり親吉の後見を受けた。

義直と親吉が尾張清洲藩に加増移封された後、徳川秀忠の三男・徳川忠長駿河国府中に入る。この時に遠江・甲斐も忠長の所領とされた。やがて忠長は素行の悪さから改易された。

その後、甲斐は幕府直轄領となっていたが、慶安4年(1651年)には徳川家光の三男である徳川綱重が甲斐を拝領し甲府藩が成立する。甲府徳川家による甲斐統治はそれまでの幕府代官を召抱え在地支配を委託していたが、寛文元年には家臣団への知行宛行・代官など支配機構の整備や甲斐国内の旗本領の整理などを行い、藩政支配が開始された。

綱重は嗣子のない兄・徳川家綱の後継者と目されていたが早世し、子の綱豊が後を継いだ。しかし、嗣子がない徳川綱吉が娘婿の徳川綱教死後、綱豊を後継者と決め、家宣として江戸城西の丸に移ることとなった。

その後、綱吉政権下で有力となった側用人柳沢吉保が15万石で入る。甲斐には将軍の一族以外が入るという前例は無く、これは異例中の異例のことである。つまり、吉保はそれだけ綱吉からの信任を得ていたのであろう。吉保隠居後は、吉保の長男・柳沢吉里が家督を継ぐが、享保時代、徳川吉宗によって吉里は大和国郡山藩に移封された。

以後、甲斐国は、甲府城に詰める甲府勤番の支配となり、再び天領となった。幕末の動乱期、甲府勤番を廃止し、甲府城代を設置した。また、戊辰戦争での旧幕府軍と新政府軍激突(甲州勝沼の戦い)の場となり、明治時代を迎えた。

甲府勤番編集

享保9年(1724年)、吉里の郡山藩移封後に将軍吉宗は享保の改革の一環として天領拡大のため、甲斐国直轄支配のために創設された江戸幕府の職制。老中支配下。定員2名で、役高は3000石。甲府城内大手と山手に配置され、配下に勤番士200名、与力20人、同心50人を付けられ、甲府城の守護と府中政務や訴訟の処理を務める。

幕府小普請組から多く任命されており、平均着任年齢は50代。勤番を機に要職から退くケースも多く、幕臣の素行不良の懲戒や仕事場を失った余剰幕臣の受け皿であり、勤番任命は「山流し」と言われ旗本御家人にとっては改易一歩寸前の左遷にも等しい職務であるとも評される。

甲府学問所を設立した滝川利雍や『甲斐国志』を編纂した松平定能らがいる。

慶応2年(1866年)、甲府勤番は廃止され、代わりに甲府城代が設置された。

歴代藩主編集

* 注意:江戸幕藩体制藩主に含まれない、甲府城主(または領主)たる大名については、甲府城を参照のこと。

尾張徳川家編集

親藩 - 25万石→尾張清洲藩53万石

  1. 徳川義直

駿河徳川家編集

親藩 - 20万石→駿河駿府藩55万石

  1. 徳川忠長

甲府徳川家編集

親藩 - 25万石

  1. 徳川綱重
  2. 徳川綱豊

柳沢家編集

譜代 - 15万石→大和郡山藩15万石

  1. 柳沢吉保
  2. 柳沢吉里

支藩編集