甲斐 さやか(かい さやか、1979年 - )は、日本映画監督脚本家小説家映像ディレクター

かい さやか
甲斐 さやか
生年月日 1979年
職業 映画監督脚本家
ジャンル 映画
 
受賞
高崎映画祭
新進監督グランプリ
2020年赤い雪 Red Snow
テンプレートを表示

経歴・人物編集

女子美術大学卒業[1]。舞台・映画の現場で助監督美術を担当する傍ら、大学在学中に小林和史と映像ユニット「outsect」を結成し、共同監督・脚本を手掛ける[1]

受賞歴編集

  • 2020 第34回 高崎映画祭 新進監督グランプリ 『赤い雪 Red Snow』[2]
  • 2019 第14回 JAJFF(Los Angeles Japan Film Festival) 最優秀作品賞 『赤い雪 Red Snow』[3]
  • 2018 マラケシュ国際映画祭コンペティション部門正式招待[4]
  • 2015 SKIPシティ国際Dシネマ映画祭 奨励賞受賞 『オンディーヌの呪い』[5]
  • 2014 山形国際ムービーフェスティバル 準グランプリ 『オンディーヌの呪い』[6]
  • 2001 Santafeショートフィルムフェスティバル審査員奨励賞 『pellet』
  • ぴあフィルムフェスティバル準グランプリ&技術賞 『pellet』
  • 2000 東京ビデオフェスティバル・ゴールド賞受賞 『BORDER LINE』

映画編集

  • 2019 赤い雪 Red Snow(長編映画:劇場公開作品)[7]
  • 2014 オンディーヌの呪い(短編映画)
  • 2013 僕がいた 君がいた(短編映画)
  • 2012 SIOSAI(短編映画)
  • 2007 Bye Bye Bear~青いエアメイル(松任谷由実プロモーション・ショートフィルム)
  • 2001 pellet(共同監督・短編映画)
  • 2000 BORDER LINE(共同監督・短編映画)

MV編集

  • 2011 dip in the pool MV 「A Bridge To The Rings Of The Saturn」

著作編集

単行本編集

  • 『赤い雪』(KADOKAWA、2019年1月)

雑誌掲載作品編集

脚注編集

  1. ^ a b 『赤い雪』(KADOKAWA、2019年1月)著者経歴より。
  2. ^ 第34回高崎映画祭受賞理由(2) | 高崎新聞”. 高崎新聞 (2020年1月16日). 2021年9月17日閲覧。
  3. ^ 『赤い雪 Red Snow』第14回Los Angeles Japan Film Festival 最優秀作品賞&最優秀俳優賞受賞!|シネマファクトリー[Cinema Factory]”. Cinema Factory (2019年8月21日). 2021年9月17日閲覧。
  4. ^ クリエイター視点の国際映画祭Q&A Vol.4『長編デビュー監督の映画祭体験とは?』 | VIDEO SALON”. VIDEO SALON.web. 玄光社 (2019年2月5日). 2021年9月17日閲覧。
  5. ^ 2015 ゲストインタビュー | アーカイブ | SKIPシティ国際Dシネマ映画祭”. SKIPシティ国際Dシネマ映画祭 (2015年). 2021年9月17日閲覧。
  6. ^ 山形国際ムービーフェスティバル | 第10回山形国際ムービーフェスティバル2014”. 山形国際ムービーフェスティバル運営委員会 (2014年11月14日). 2021年9月17日閲覧。
  7. ^ 永瀬正敏&菜葉菜、新鋭・甲斐さやか監督作「赤い雪」でダブル主演! : 映画ニュース - 映画.com”. 映画.com. エイガ・ドット・コム (2018年8月30日). 2021年9月17日閲覧。