メインメニューを開く

甲斐国造(かいのくにのみやつこ・かいこくぞう)は、甲斐国を支配した国造

甲斐国造
No image available.svg
本姓 甲斐氏[1]
家祖 塩海宿禰
種別 神別天神)または皇別
出身地 大倭国
主な根拠地 甲斐国
著名な人物 #人物参照
支流、分家 壬生氏三枝氏武家[2]、(穂国造浜名県主
凡例 / Category:日本の氏族


目次


概要編集

表記編集

古事記』、『先代旧事本紀』「国造本紀」、『諸系譜』[3]甲斐国造とある。

祖先編集

  • 『古事記』では若倭根子日子大毘毘命(開化天皇)が丸邇臣の祖・日子国意祁都命の妹意祁都比売命を娶って生まれた日子坐王で、日子坐王が春日之建国勝戸売の女・沙本之大闇見戸売を娶って産んだ子が沙本毘子王で、この沙本毘子王を甲斐国造と日下部連の祖としている。
  • 『先代旧事本紀』「国造本紀」では、景行天皇の御代に狭穂彦王の3世の孫・臣知津彦公の子である4世孫塩海足尼が甲斐国造に任じられたと記している。
  • 『諸系譜』第一冊では、天津彦根命の10世孫・建許呂命の子・意美津奴彦命が景行天皇朝に甲斐国造に任命されたとされる。
  • 『諸系譜』第七冊では、彦坐命の4世孫・塩見足尼が初代国造に任命されたと伝わる。

氏族編集

甲斐氏(かいうじ、)または日下部氏(くさかべうじ、姓は直)で、海神族磯城県主の同族または弥生時代からの在地首長とされる[4]。塩見足尼の3世孫・伊志良君甲斐君を与えられたとされる[5]

考証編集

5世紀後半から6世紀には、現地の在地首長が支配していた農民や職業集団が「部」の単位で編制され、在地豪族が掌握する部を中央の諸豪族や伴造らが統括し貢物や労役などを奉仕させる部民制が成立し、ヤマト王権が地方部民統括のため地方豪族に対して任命した世襲地位である国造制も整えられた。

甲斐国では『正倉院宝物』の調庸白あしぎぬ金青袋の墨書銘や笛吹市一宮町に所在する大原遺跡から出土した墨書土器から、山梨郡には王族に従属する名代・子代系の部である日下部が置かれていたことが確認されている。日下部は東海道や東山道などに広く分布するもので、氏姓に関して関晃は『古事記』に同祖と記される日下部とし、(かばね)は地方豪族や、地方国造にも多く甲斐国おける他の部民管理氏族と共有するであったと推定しており、他の部民管理氏族とは同族関係であったと考えられている。

昭和戦前期までは記紀など8世紀以降に成立した文献史料に記される6世紀以前の記述を史実とみなす考え方が一般的であったが、津田左右吉の強い影響を受け、戦後にはこれらの文献には伝承や造作がに拠るものが多いとされた。それに伴って十分な史料批判を行い考古学的知見とを総合する態度が一般的となった。ただしその姿勢は合理的で正しいとしても、その検討結果や論理が妥当かどうかは別問題であり、これを本来混同してはならないことであるとされる。現在まで甲斐国造も他の地方国造と同様に、ヤマト王権の王族や有力諸氏と直接の血縁関係は持たず、弥生時代以来の在地首長がヤマト王権に臣従して任じられた、と総じて考えられているが、氏姓や系譜の検討をしていながら、肝腎の系図や神社・祭祀について具体的な検討がなされてこなかったともされる[6]

系図面で見た場合、『諸系譜』第七冊の「甲斐国造系図」が開化天皇から始まり、その子の「彦坐命-狭穂彦命-黒彦命-臣知津彦命-塩見足尼」と続ける初期部分は、原型・実態では、彦坐命が開化天皇の皇子ではないこと、国造任命時期や他氏族との関係からも塩見宿禰が狭穂彦命の兄弟、子か甥くらいの近親に位置づけられると考えられるが、『古事記』や「国造本紀」にほぼ合致する記事となっている。塩見宿禰から後では、基本的に問題が多くはないとみられる。ただし、履中天皇~允恭天皇朝頃の伊志良のときに甲斐君姓を負い、庚午年籍で甲斐造を負うとされ、この辺は妥当としても、庚午年籍のときの高野なる者の位置づけについては、世代数や系図の姓附載の記事からいって、実際の父はもっと先祖におかれる稲目君かその叔父野養君であり、この辺に系線の混乱が考えられる。国造支族の諸氏についての分岐の記事がまるで見えないが、壬生直や小長谷直の祖・倉毘古は系図に見える「韓人」にあたると考えられる。また、山梨郡塩田の降矢氏は、塩見宿禰の甥から出たと伝えており、「降矢、古屋」は同じ苗字だと見れば、甲斐一宮浅間神社の神主家が伴直姓の古屋氏であるから、早く初期段階に分かれた可能性がある。また、三枝直の祖は飛騨国大野郡の三枝別の支流のように伝えられているが、元から甲斐にあった国造族で伴直と同族と考えられる[7]

祭祀・信仰面では、甲斐国にも広がる浅間神社の総本社・富士山本宮浅間大社海神族である和邇氏が祀ってきたことや、但馬国造の領域に養父郡式内社として浅間神社が鎮座すること、山梨郡西青沼村(甲府市宝)に鎮座する式内論社の穴切大神社大己貴命を祀ること、八代郡式内社の中尾神社が、垂仁天皇七年の勧請と伝え、祭神を大己貴命とすること、三輪氏族に縁由がある神部神社が山梨郡と巨麻郡に各一社あること、御諸山と同義語である御室山があることなどが指摘される。総じて三輪氏和邇氏など海神族系の信仰が強く、通説のように弥生時代以来の在地首長で、皇別氏族との擬制的同族関係であれば甲斐独自の神か皇祖神を祀るべきであって、海神族の神を信仰することと矛盾が生じる。このため、甲斐国造の実際の系譜は倭建命と共に東征をした磯城県主の流れを汲む彦坐王・丹波道主王で、同時期に東海地域において出現した水神三輪信仰を持つ穂国造浜名県主と同族であると考えられる[8]

考古学的知見からも、4世紀に築造された甲斐銚子塚古墳の墳丘型式や、同古墳から三角縁神獣鏡が出土するなど、畿内王権との強い影響が見られる。また特殊器台系譜をひく初期円筒埴輪は、静岡県磐田市松林山古墳群馬県太田市朝子塚古墳とも共通し、倭建命東征経路と一致する[9]

本拠編集

中心は塩海宿禰以降は一貫して北部の山梨郡にあり、なかでも考古遺跡や主要神社・祭祀などから見て、笛吹市の旧春日居町あたりから甲府市東部にかけての地域ではないかとみられる[10]

支配領域編集

甲斐国に他の国造が設置されていないため、甲斐国全域を支配していたと考えられる。

氏神編集

関連神社編集

編集

  • 大丸山古墳(おおまるやまこふん)
    山梨県甲府市にある前方後円墳で、4世紀中期の築造から塩海宿禰の父・臣知津彦命の墓か。
  • 甲斐銚子塚古墳(かいちょうしづかこふん)
    山梨県甲府市にある前方後円墳で、4世紀後期の築造から国造初祖の塩海宿禰の墓か。
  • 天神山古墳(てんじんやまこふん)
    山梨県甲府市にある前方後円墳で、4世紀の築造から国造二代の速彦宿禰の墓か。

脚注編集

  1. ^ 宝賀寿男「甲斐国造の系譜と一族」『古樹紀之房間』、2016年。
  2. ^ 『三枝部氏初期綱要』
  3. ^ 中田憲信「東国諸国造」『諸系譜』第一冊
  4. ^ 宝賀寿男「甲斐国造の系譜と一族」『古樹紀之房間』、2016年
  5. ^ 中田憲信「甲斐国造」『諸系譜』第七冊
  6. ^ 宝賀寿男「甲斐国造の系譜と一族」『古樹紀之房間』、2016年
  7. ^ 宝賀寿男「甲斐国造の系譜と一族」『古樹紀之房間』、2016年
  8. ^ 宝賀寿男「甲斐国造の系譜と一族」『古樹紀之房間』、2016年
  9. ^ 宝賀寿男「甲斐国造の系譜と一族」『古樹紀之房間』、2016年
  10. ^ 宝賀寿男「甲斐国造の系譜と一族」『古樹紀之房間』、2016年

関連項目編集

参考文献編集