甲斐庄 正永(かいのしょう まさなが、寛文元年(1661年) - 享保2年3月4日1717年4月15日))は、江戸幕府旗本甲斐庄氏5代。通称は伝八郎、喜右衛門(7代正壽まで同名を名乗る)。勘定奉行江戸南町奉行を務めた甲斐庄正親(領地は河内国錦部郡等)の子。母は高木守久の娘。兄弟に加藤茂雅加藤重長養子)、浅野長武継室、土屋逵直室。妻は中坊秀時の娘。養女が一人いる(弟・加藤茂雅の娘)。

父が江戸南町奉行在任中に没した後、元禄4年(1691年)7月21日家督を相続する。同年閏8月12日に徒頭、元禄5年(1692年)4月14日に目付、元禄11年(1698年)8月14日に普請奉行となる。宝永5年(1708年)6月23日に何らかの不祥事で小普請に降格され、宝永6年(1709年)2月22日に赦免された。享保2年(1717年)に57歳で死去。養女の娘婿として、養子甲斐庄正恒堀直佑の三男)が家督を継いだ。

参考文献編集