甲板 (船)

船の部分

船舶の構造(船舶用語)における甲板(かんぱん)とは、船舶の上部にある、木や鉄板で張りつめた、広く平らなのことである。デッキ(Deck)ともいう。「こうはん」とも読むが、これは専門用語である。

甲板

船舶の中で水平に張られ、床の役割をするのことを「甲板」と呼ぶ。甲板は、船における主要な構成部分で強度部材の1つであり、船体上にあって水平に広く取り付けられた金属製、FRP製の板材であるとともに、上部構造物を含む全ての船内空間の床板である。ただし、船底の床だけは甲板とは呼ばない。見張り台の様な足場は甲板には数えない。この甲板は、人が上を歩いたり、荷物を置いたりするだけでなく、船全体の強度を保ち、船内に水が入るのを防いだりする役割がある。

上甲板(上部甲板、Upper deck)は、水密構造となっている船体のすぐ上にあって船首から船尾まで続く甲板であり、浮体としての船体のフタを構成している甲板といえる。上甲板は他の多くの甲板と同じく船体強度を保つ重要な構造材の1つである。船全体を地上のビルに例えれば上甲板は地上1階の床面に相当し、上甲板より下の部分は地階に、上部構造物のそれぞれの階はビルの地上階に相当する。風雨に曝される甲板は露天甲板(ろてんかんぱん)と呼ばれ、多くの貨物船などでは上甲板は通常、露天甲板であるが、自動車運搬船や大型客船などは上甲板の露天部分はほとんどない。上甲板から水面までを乾舷(Freeboard)と呼び、水面から船底下面までを喫水(きっすい)と呼ぶ。なお、上甲板の手すり柱はスタンチョン(Stanchion)と呼ばれる。

船体の甲板は、上甲板の下は「中甲板」と呼ばれ、多層の場合には第一・第二と番号が振られる。

船橋甲板には、一般に船橋(ブリッジ、Bridge)とも呼ばれる操舵室があり、船長をはじめ航海士が操船に当っている。機関室の一角にはエンジン・コントロール・ルームがあり、機関長をはじめ機関士が主機関と多種の補機類の運転操作を行なっている。

関連項目編集