メインメニューを開く

甲波宿禰神社(かわすくねじんじゃ)は、吾妻川沿いの群馬県吾妻郡東吾妻町箱島にある神社。祭神は速秋津彦神、速秋津姫神。上野国群馬郡の式内小社。旧社格は村社。

甲波宿禰神社
Hakojima-kawasukune-jinja.jpg
所在地 群馬県吾妻郡東吾妻町箱島1136
位置 北緯36度32分47.9秒
東経138度55分38.8秒
座標: 北緯36度32分47.9秒 東経138度55分38.8秒
主祭神 速秋津彦神速、秋津姫神
社格 式内社
旧村社
創建 延暦4年(785)
本殿の様式 流造
別名 宿祢大明神
例祭 3月15日
9月29日
地図
甲波宿禰神社の位置(群馬県内)
甲波宿禰神社
甲波宿禰神社
テンプレートを表示

由緒編集

藤原種継の暗殺容疑で上野国に配流された小野金善が、延暦4年(785年)に川島の甲波宿禰神社から勧請したと伝わる。中世には、白井城主の長尾景春が太刀(神宝)を献上する。天正3年(1575年)に神輿(神宝)が奉納される。明治元年に社務所をはじめ、すべての古記録が焼失した。 [1]

「甲波」は川、「宿禰」は「直根」として川を神格化したと考えられている。甲波宿禰神社の鎮座地は、箱島祖母島川島の「島」のつく土地は、等間隔の三社構成。

祭神編集

水を司る神様である以下の2柱が祀られている。 [1]

境内編集

祭事編集

  • 3月15日 - 春季例大祭
  • 9月29日 - 秋季例大祭

江戸時代までの祭事は別当の万福寺住職が奉仕したが、明治以降は神官が奉仕している。 [1]

交通編集

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ a b c 社頭掲示板より(2019年3月16日参拝時)