メインメニューを開く

男と女』(おとことおんな、: Un homme et une femme)は、1966年制作のフランス映画

男と女
Un homme et une femme
監督 クロード・ルルーシュ
脚本 クロード・ルルーシュ
ピエール・ユイッテルヘーベン
製作 クロード・ルルーシュ
音楽 フランシス・レイ
バーデン・パウエル
撮影 クロード・ルルーシュ
パトリス・プージェ
編集 クロード・バロウ
配給 UA
公開 フランスの旗 1966年5月27日
日本の旗 1966年10月15日
上映時間 102分
製作国 フランスの旗 フランス
言語 フランス語
テンプレートを表示

カンヌ国際映画祭グランプリ(当時)を受賞し、クロード・ルルーシュの名を世界に知らしめた。

ストーリー編集

スタントマンの夫を事故で亡くしたスクリプト・ガールのアンヌは、娘を寄宿学校に預け、パリで一人暮らしをしていた。ある日、娘に会うために寄宿学校に行った帰り、パリ行きの列車を逃してしまう。そんなアンヌにジャン・ルイという男性が車で送ると申し出た。ジャン・ルイも同じ寄宿学校に息子を預けており、また、妻を自殺で亡くしていた。

キャスト編集

役名 俳優 日本語吹替
TBS版1 TBS版2
アンヌ アヌーク・エーメ 小沢寿美恵
ジャン・ルイ ジャン=ルイ・トランティニャン 西沢利明
ピエール ピエール・バルー 中田浩二 堀勝之祐
ヴァレリー ヴァレリー・ラグランジュ 信沢三恵子
寄宿学校の校長 シモーヌ・パリ 香椎くに子
アントワーヌ アントワーヌ・シレ 佐藤隆浩
スアド スアド・アミドゥ 藤枝成子
アナウンサー ジェラルド・シレ 納谷六朗
ガソリンスタンド店員 ポール・ル・パーソン 藤本譲
  • 翻訳:森田瑠美

音楽編集

クロード・ルルーシュの盟友である、フランシス・レイが担当している。「ダバダバダ」のスキャットが全編に流れる主題歌は非常に有名で、後に様々なアーティストにカバーされている。

歌っているのは、フランシス・レイの盟友であり、出演もしているピエール・バルーと、愛と哀しみのボレロ個人教授で歌声を披露しているニコール・クロワジールフランス語版である。

なお、この映画中の曲「サンバ・サラヴァ(邦題:男と女のサンバ)」は、ヴィニシウス・ヂ・モライスバーデン・パウエルが作った曲「サンバ・サラヴァ」をピエール・バルーがフランス語に訳して自ら歌ったものである。

主なカバー編集

キャッチコピー編集

たちきれぬ過去の想いに濡れながら 愛を求める永遠のさすらい ………その姿は男と女  (1966年劇場公開当時のキャッチコピー)

その他編集

出世作編集

本作は、クロード・ルルーシュの出世作とも言うべき作品である。ルルーシュ自身は、20歳前後から短編映画を中心に作品を撮っていたが、無名の存在であった。本作の撮影に際しては、制作費のスポンサーが付かなかった為に自ら製作したが、本作で一躍有名となり、フランスを代表する映画監督の一人となった。

また、ピエール・バルーも本作の出演を契機に俳優としての地位を確かにした。ピエール・バルーは、本作品のための資金集めのために、音楽出版社サラヴァを組織していた。

フランシス・レイは、それまでもエディット・ピアフの晩年に曲を提供したり、イブ・モンタンの伴奏などで活躍していたが、本作の主題歌で作曲家としての地位を築き上げた。

自動車編集

主人公の男はレーサーという設定で、フォード・GT40をテストするシーンやフォード・マスタングモンテカルロ・ラリーに出場するシーンなどがある。また、ル・マン24時間レース、モンテカルロ・ラリーの実際の映像も使用されている。

高橋幸宏編集

音楽家の高橋幸宏は公開当時中学生であったが、この映画を観るために映画館に18回も通い、後の彼の音楽やファッションに多大な影響をもたらしたという。劇中歌から「Saravah(君に幸あれ)」というポルトガル語をとってファールトアルバムのタイトルにし、ジャケットや曲のアレンジからも非常に影響を受けていることが伺える(詳しくは「サラヴァ!」参照)。 ピエール・バルーとはその後、映画「四月の魚」の主題歌にて共作が実現した。

続編編集

脚注編集

  1. ^ 再放送1977年2月14日『月曜ロードショー』他
  2. ^ “野宮真貴×鈴木雅之、90年代待ち合わせソング「渋谷で5時」をアップデート”. 音楽ナタリー. (2016年8月26日). http://natalie.mu/music/news/199510 2016年8月26日閲覧。 

関連項目編集

外部リンク編集