メインメニューを開く

男はつらいよ 寅次郎の休日

シリーズ第43作

男はつらいよ 寅次郎の休日』(おとこはつらいよ とらじろうのきゅうじつ)は、1990年12月22日に公開された日本映画男はつらいよシリーズの43作目。上映時間は106分。観客動員は208万3000人[1]配給収入は14億1000万円[2](14億8000万円[1]とも)。同時上映は『釣りバカ日誌3』。

男はつらいよ 寅次郎の休日
監督 山田洋次
脚本 山田洋次
朝間義隆
製作 内藤誠
出演者 渥美清
後藤久美子
夏木マリ
宮崎美子
寺尾聰
前田吟
佐藤蛾次郎
三崎千恵子
下條正巳
笠智衆
倍賞千恵子
音楽 山本直純
主題歌 渥美清『男はつらいよ』
撮影 高羽哲夫
編集 石井巌
配給 松竹
公開 日本の旗 1990年12月22日
上映時間 106分
製作国 日本の旗 日本
言語 日本語
配給収入 14億1000万円
前作 男はつらいよ ぼくの伯父さん
次作 男はつらいよ 寅次郎の告白
テンプレートを表示

作品概要編集

  • 満男と泉の恋と寅次郎と泉の母の恋が同時進行して描かれる。
  • 前作、前々作で浪人していた満男が大学に入学する。
  • 渥美の葬儀で山田監督が読んだ弔辞によるとこの頃から「渥美の体の衰えが目立つようになっていた」との事である。

あらすじ編集

寅次郎が見る夢は、平安貴族の格好をした寅次郎が月見をしていてさくらに出会うシーン。「さくら式部」は生き別れの「あにじゃびと」を探している。

満男の憧れの人、泉が東京へやって来た。晴れて大学生になっていた満男は大喜びするが、泉が上京してきたのは、別居中の父親を探し出すためであった。翌日、泉と満男は父親探しに秋葉原に出掛けるが、父親はすでに仕事を辞めて実家の大分に帰っているという。寅が旅から柴又に戻る。もう一度家族三人で暮らしたいと願う泉の切実な思いを聞いたさくら達は、泉を励まし、父親探しの旅に送り出した。東京駅で、名古屋への見送りに来ていた満男だったが、別れの間際に、泉から父親の居る大分へ向かう事を告げられる。居ても経っても居られなくなった満男は、扉が閉まる既(すんで)のところで山陽新幹線に乗り込んでしまった。新幹線の中からの電話で聞いたさくら達は心配で狼狽するが、寅だけは満男を子ども扱いするなと釘を刺す。そこへ、泉の母親礼子(夏木マリ)が柴又へとやって来る。寅は前言撤回とばかりに心配し、礼子と共にブルートレインで大分へと向かう。一方、一足先に日田祇園祭の最中の日田市についた満男と泉は、父親を訪ねて行く。泉の父一男(寺尾聡)は薬局を営む幸江(宮崎美子)と共に幸せそうに暮らしている。それを見た泉は、父親に一言告げ、立ち去る。

父親と別れた後、涙を流す泉の肩を満男は戸惑いながらも抱いてやる。すると、どこからともなく寅の声がする。見れば礼子と一緒に寅がいるではないか。こうして、再会した母と娘、伯父と甥は温泉旅館に泊まることになる。礼子は無理に陽気に振舞い、寅のことを「あなた」と呼んだりする。寅はそれをいい気分で受け止めるが、深夜になって満男から「あれは悲しみをまぎらすための冗談だ」と釘を刺される。一方、母娘の部屋では、礼子が酔っ払って声を上げて泣き、それを泉が慰めていた。寅たちはどうすることも出来ず黙って眠るのであった。早朝、泉と礼子は名古屋に帰るところに満男は間に合う。寅と満男も柴又へ帰り、ほどなく寅は旅に出てゆく。

後日、礼子がクラブに出勤してくると、寅からの花束が届いている。それをしけしげと見つめる彼女はホステスたちに寅のことを訊かれて「私の恋人よ」いい、「せっかく来てくれたのに」と呟く。正月に柴又に戻った泉に会いに行く自転車で満男は「しあわせとは何か?」しみじみと考える。

スタッフ編集

キャスト編集

ロケ地編集

受賞歴編集

脚注編集

外部リンク編集