メインメニューを開く

男はつらいよ 寅次郎の告白

シリーズ第44作

男はつらいよ 寅次郎の告白』(おとこはつらいよ とらじろうのこくはく)は、1991年12月21日に公開された日本映画男はつらいよシリーズの44作目。同時上映は『釣りバカ日誌4』。前作と同様に満男と泉、寅次郎と聖子の恋が同時進行で描かれる。

男はつらいよ 寅次郎の告白
監督 山田洋次
脚本 山田洋次
朝間義隆
製作 深澤宏
出演者 渥美清
吉岡秀隆
後藤久美子
吉田日出子
夏木マリ
前田吟
佐藤蛾次郎
三崎千恵子
下條正巳
笠智衆
倍賞千恵子
音楽 山本直純
主題歌 渥美清『男はつらいよ』
撮影 高羽哲夫
花田三史
編集 石井巌
配給 松竹
公開 日本の旗 1991年12月21日
上映時間 104分
製作国 日本の旗 日本
言語 日本語
配給収入 14億2000万円
前作 男はつらいよ 寅次郎の休日
次作 男はつらいよ 寅次郎の青春
テンプレートを表示

目次

あらすじ編集

ある日、満男に泉から電話がかかってくる。東京で就職活動をするためにやって来るというのだ。満男が東京駅で待っていると、泉が到着。その夜はくるまやで楽しい一時を過ごす。翌日、満男に付き添われ、泉は高校の教師に紹介してもらった銀座の楽器屋を訪ねる。しかし、売り場主任の吉村から高卒での就職は厳しいと言われてしまう。そうしているうちに、泉は名古屋に帰る。一方、泉の母親・礼子はスナックで知り合った男性と付き合っている。そして、男性を家に連れてくると途端、母親と喧嘩し、自室に閉じこもって泣く。

数日後、大学に通っている満男の元に泉から鳥取砂丘の絵葉書が届く。それを見てただならぬ気配を感じた満男は、さくらの制止を振り切り、雨の中を飛び出し、一路鳥取へ向けて泉探しの旅に出かけた。一方、山陰を旅していた寅次郎は、偶然にも傷心の泉に出くわす。寅次郎が家出をした理由を問いただすと、泉は母の再婚を素直に喜べない自分が嫌になり、就職問題にも悩んでいたという。翌日、泉は満男が待っているという鳥取砂丘へ行く。泉の姿を見つけた満男が砂丘を転がりながらこちらに駆け寄り、喜び合う二人。だが、そこに寅次郎がいることに満男はビックリする。その後、若い二人を伴って、昔馴染みの料亭へ向かう。そこの女将(吉田日出子)は、かつて寅次郎が所帯を持とうとした女性であった。聖子は一年前に夫と死に別れて寂しい思いをしていると告白。言い寄られた寅次郎は、複雑な気持ちになる。翌日、泉は寅次郎と聖子の関係を満男に聞く。すると満男は、寅次郎が「手の届かない美しい人には夢中になるけれど、その人が伯父さんに好意を持つと逃げ出してしまう」と、的確に語る。その後、寅次郎は鳥取駅で満男と泉を見送って旅に出る。家に戻った泉は、母親に「ママ、幸せになってもいいよ」と告げる。感極まった、礼子は大泣きするのであった。満男が柴又に帰ってくると、さくらが怒っている。しかし、満男から寅次郎と聖子のことを聞かされたさくらは、母親としての憤慨から、たちまち、妹としての悲嘆にくれる。料理をしながら「いい年して何をやっているのかしら」と涙ぐむ。

正月になって初詣に行こうというさくらたちの制止を振り切って友人たちと出かけようとする満男だったが、そこへ泉がやってきて…。

スタッフ編集

キャスト編集

ロケ地編集

記録編集

  • 観客動員:210万人[1]
  • 配給収入:14億2000万円[2](15億円[1]とも)
  • 上映時間:104分

受賞編集

エピソード編集

寅次郎ハイビスカスの花 特別篇』に登場する「寅さんの幻」は、本作での歩くシーンが素材となっている[3]

脚注編集

  1. ^ a b 日経ビジネス』1996年9月2日号、131頁。
  2. ^ 1992年配給収入10億円以上番組 - 日本映画製作者連盟
  3. ^ 山田洋次(代表)『男はつらいよ大全 下』中央公論新社、2002年、402-403頁。ISBN 4-12-003299-X

外部リンク編集