メインメニューを開く

男はつらいよ 寅次郎純情詩集

シリーズ第18作

男はつらいよ 寅次郎純情詩集』(おとこはつらいよ とらじろうじゅんじょうししゅう)は、1976年12月25日に公開された日本映画男はつらいよシリーズの18作目。同時上映は郷ひろみ主演の『おとうと』。

男はつらいよ 寅次郎純情詩集
監督 山田洋次
脚本 山田洋次
朝間義隆
原作 山田洋次
製作 島津清
出演者 渥美清
檀ふみ
倍賞千恵子
前田吟
三崎千恵子
下條正巳
笠智衆
京マチ子
音楽 山本直純
撮影 高羽哲夫
編集 石井巌
配給 松竹
公開 日本の旗 1976年12月25日
上映時間 104分
製作国 日本の旗 日本
言語 日本語
配給収入 10億8600万円
前作 男はつらいよ 寅次郎夕焼け小焼け
次作 男はつらいよ 寅次郎と殿様
テンプレートを表示

目次

あらすじ編集

寅次郎が旅先で見る夢は、映画「カサブランカ」の世界であり、「アラビアのトランス」と名乗る寅次郎は酒場で、兄を探すさくらと出会うが、寅次郎を追う警察と銃撃戦になり、アラン・ドロン風のセリフを言って、去っていく。

旅先からふらりと帰ってきた寅次郎は、さくらの一人息子である満男の小学校の担任教師、雅子先生(檀ふみ)と知り合う。だが家庭訪問のはずなのに雅子を相手に勝手にでしゃばる寅次郎に対して博は激怒し、皆が同調したため寅次郎はとらやを飛び出ていく。そして寅次郎は旅先の長野県上田市別所温泉でかつて知り合った旅芸人一座と再会し大いに盛り上がるも、金が無いのに見えを張って気前よく振る舞ったため、無銭飲食で逮捕され、さくらが引き取りに向かうことになる。再びとらやの面々に迷惑をかけ、さすがのさくらも呆れ果てるのだった。

だがとらやに戻った寅次郎は、店先で雅子先生と、長い病院生活を終えて退院した彼女の母親・綾(京マチ子)と出会う。綾は寅次郎やさくらの幼少時代を知っており再会を大いに喜ぶ。そして周囲の心配通り寅次郎は綾にゾッコンになってしまうのであった。かくして綾の家に通い詰める寅次郎を、とらやの面々や御前様が心配する日々が続くが、「自分の手で一銭も稼いだことがない」というどこか世間知らずな綾は、寅次郎の奔放さに惹かれていく。だがある日、さくらは雅子から母は余命僅かであると知らされ愕然とする。

黒柳徹子1977年の元旦に本作を渥美と共に映画館で見ており、トットてれび第6話「私の兄ちゃん・渥美清」でも描かれている。

キャスト編集

ロケ地編集

スタッフ編集

記録編集

  • 観客動員:172万6000人[1]
  • 配給収入:10億8600万円(1977年邦画配給収入第6位)[2](10億1000万円[1]とも)
  • 上映時間:103分

平均視聴率編集

  • テレビ朝日『日曜洋画劇場
    • 1983年10月16日:27.2%(歴代8位)
    • 1989年12月17日:28.6%(歴代6位)
ビデオリサーチ調べ、関東地区

出典編集

  1. ^ a b 日経ビジネス』1996年9月2日号、131頁。
  2. ^ 『キネマ旬報ベスト・テン全史: 1946-2002』キネマ旬報社、2003年、223頁。ISBN 4-87376-595-1

外部リンク編集