メインメニューを開く

男山 応輔(おとこやま おうすけ、1864年9月26日(元治元年8月26日[1] - 1886年明治19年)9月24日[1])は、明治時代に存在した力士。男山 鷹輔(読みは同じ)とする文献もある。本名成川応輔[1]。身長206cm(6尺8寸)、体重180㎏(48貫)あり、富岡八幡宮の「巨人力士身長碑」に彼の名前が見られる[2]武蔵国比企郡(現・埼玉県小川町)出身。

人物編集

幼少期から体がずば抜けて大きく、1883年(明治16年)に徴兵検査を受けたが、この時既に身長が197cm、体重112kgあり、この場にいた埼玉県令の吉田清英が応輔に 相撲界入りを勧めた[3]。その後、花籠部屋に入ることが決まり、1885年(明治18年)、正式に入門した[4]。体の大きさや素質から「武蔵潟二世」と呼ばれた[5]。巨体の割に足腰が強く、怪力のため師匠花籠は男山を幕下付出で取らせようとした[6]。翌年(明治19年)の5月場所後の巡業に参加、9月に長野県内で便所の床を踏み抜き下に落ち、尾骶骨を折った[7]。そのため、立つことも動くこともできなくなり、戸板に乗せられて移動した[7]飯田町(現・飯田市)での興行終了後、地元の勧進元の家で療養にあたっていたが、9月24日急病のために、初土俵前に死去した[7][8]。死因は脚気[7]や毒殺説[9]などがある。墓は飯田市の長久寺にあり[9]、「豪壮院男山碩応居士」と戒名が付けられた[9]

その後、埼玉県の郷里に1968年昭和43年)、横綱大鵬の揮毫による「力士男山応輔之碑」が建てられた[10]

脚注編集

  1. ^ a b c 『相撲史うらおもて その二』p60
  2. ^ 建碑狂の志を承け継ぐ!? 富岡八幡宮
  3. ^ 『相撲史うらおもて その二』p61
  4. ^ 『相撲史うらおもて その二』p62
  5. ^ 『相撲史うらおもて その二』p63
  6. ^ 『相撲史うらおもて その二』p64
  7. ^ a b c d 『相撲史うらおもて その二』p66
  8. ^ 前相撲を踏んだものの、本場所の土俵を踏むことなく没した力士には、前田頼孝(元東序ノ口15枚目。2003年7月17日に15歳の若さで死去)がいる。
  9. ^ a b c 『相撲史うらおもて その二』p67
  10. ^ 『相撲史うらおもて その二』p69

出典編集

関連項目編集