男性団体(だんせいだんたい)とは、男性が構成する団体を指す。男性会(だんせいかい)、男子会(だんしかい)とも。

日本では1990年代に入ってから「メンズリブ研究会」が活動を活発化させている。1995年には大阪メンズセンターが大阪で誕生している[1]

ジャーナリストの中村彰らが立ち上げに参加した大阪のメンズセンターは、1991年のメンズリブ研究会を前身として活動している。活動方針は『従来の「男らしさ」を批判的に検討し、「自分らしく」生きることを目的とする、日本ではじめての男性解放運動』『私たちは、 男性と女性が対等なパートナーシップを持ち、性差別のない男女共生社会を生きる男性のあるべき姿を模索しています。』と、ある。大阪のメンズセンターは、大阪府茨木市の男女共同参画課と共同した活動を行っている[2]

主な男性団体編集

社交団体・支援団体編集

メンズリブの潮流には、大別するとフェミニズムに親和的なものと反フェミニズムマスキュリズム)的なもの、及び中立的なもの(手探り状態で模索を旨とするもの)があり、メンズリブ団体にも大きな立場の違いがある。

職能団体編集

教育・スポーツ・文化編集

歴史的な団体編集

注釈編集

出典編集

関連項目編集