メインメニューを開く
 
町広光
時代 室町時代後期 - 戦国時代
生誕 文安元年(1444年
死没 永正元年6月15日1504年7月26日
改名 広光→忍寂(号)
別名 室町大納言
官位 正二位権大納言
主君 後土御門天皇
氏族 柳原家庶流町家
父母 父:町藤光、母:一色満直
兄弟 広光、光什、女子二人
女子二人、高辻章長室、
近衛尚通家女房、広橋守光、兼継、晃円
養子:資雄(高辻章長次男)
テンプレートを表示

町 広光(まち ひろみつ)は、室町時代後期から戦国時代にかけての公卿町家3代当主。官位は正二位権大納言。室町大納言と呼ばれる[1]

略歴編集

文安元年(1444年)、町藤光の子として誕生。

文明元年(1469年)11月2日、参議となる。後に出家して忍寂と号した。子は全て出家・養子に出し、「我が家のことは執心なし。当時(現在)の様、断絶に如くべからず」として、町家を断絶させた[2]

永正元年(1504年)6月15日、薨去。広光の死後、町家は高辻家より養子をとって再興されたが、結局絶家となった。

系譜編集

脚注編集

  1. ^ a b c 興福寺別当次第による。
  2. ^ 『日本の歴史12 室町人の精神』304p

出典編集

外部リンク編集