メインメニューを開く

町田也真人

日本のサッカー選手

町田 也真人(まちだ やまと、1989年12月19日 - )は、埼玉県出身のサッカー選手。ポジションはMFJリーグ松本山雅FC所属。

町田 也真人 Football pictogram.svg
名前
愛称 ヤマト
カタカナ マチダ ヤマト
ラテン文字 MACHIDA YAMATO
基本情報
国籍 日本の旗 日本
生年月日 (1989-12-19) 1989年12月19日(29歳)
出身地 埼玉県浦和市(現:さいたま市
身長 166cm
体重 59kg
選手情報
在籍チーム 日本の旗 松本山雅FC
ポジション MF
背番号 25
利き足 右足
ユース
2005-2007 埼玉栄高等学校
2008-2011 専修大学
クラブ1
クラブ 出場 (得点)
2012-2018 ジェフユナイテッド千葉 153 (22)
2019- 松本山雅FC
1. 国内リーグ戦に限る。2018年12月17日現在。
■テンプレート■ノート ■解説■サッカー選手pj

実父の町田隆治は浦和サッカー少年団指導者協議会技術委員会副委員長[1]

来歴編集

埼玉栄高校では、セルヒオ・エスクデロ監督の下3年生で埼玉県予選を制し、同校史上初の全国高校サッカー選手権出場を達成した。専修大学に進学後はトップ下として活躍し、4年次には中心選手として関東大学サッカーリーグ戦1部および全日本大学サッカー選手権での優勝を果たした。専修大学では同学年に庄司悦大、2学年下に長澤和輝らがいる。大学ではチームの快進撃を支える中心選手だった一方、「あの(小柄な)体格ではプロは厳しい」というプロ関係者の評価もあった[2]。その中でジェフ千葉から継続的に高評価を受け、2011年8月の天皇杯東京都予選、横河武蔵野FC(現・東京武蔵野シティFC)・FC町田ゼルビアとの対戦での活躍後、獲得オファーに至った[2]

2011年12月1日、ジェフユナイテッド市原・千葉への加入内定が発表された。3年目より出場機会を増やし、2015年より背番号を14に変更。2016年には主力に定着し、11得点を挙げチーム得点王となった。2017年より背番号を10に変更し、副キャプテンに就任[3]。引き続き主力として6得点8アシストの活躍を挙げた。オフにはJ1へ昇格した名古屋グランパスエイトからオファーを受けるも、引き続き千葉との契約を更新した[4]。2018年5月、第14節新潟戦で左肩関節脱臼の怪我を負い、全治約3ヶ月であることが発表された[5]。シーズン後半はキャプテンとしてジェフ千葉を引っ張るが目標のJ1昇格には届かなかった

2018年12月、松本山雅FCへ完全移籍[6]

プレースタイル・特徴編集

テクニックに定評があり、グラウンダーパスやフライパス、長短のパスを状況に応じて的確に出せる選手。ヒールを使ったプレーやボレーシュートなども得意とする。運動量も豊富で前線からの守備も惜しまずこなす[要出典]

エピソード編集

  • ケンペスのゴールでプロ初アシストを決めた際、ケンペス自身が愛用していた腕時計をプレゼントとして貰った。その後故障して動かなくなっていたが、ケンペスが飛行機事故で急逝したことを受けて、修理してもう一度使うことを示唆している[7]
  • 専修大学3年時に就活を経験。ブライダル業「ノバレーゼ」との面接では、プロサッカー選手への道を諦められないことを伝えた結果、人事担当者に「今はサッカーに専念した方がいい。もしプロになれなかったときは、うちに連絡してください」と言われ改めてプロを目指すことを決意。4年時にはチームを関東大学リーグ優勝などに導く活躍を見せ、9月にジェフ千葉から正式オファーを受けた。入団内定後の全日本大学選手権決勝では面接した人事担当者が応援に駆けつけ、そこで町田は全3ゴールに絡む大活躍を見せた。プロ入りから3年後には、町田はノバレーゼで結婚式を挙げたという[2]
  • 2019年10月3日、自身のTwitterを更新し、幼少期に耳かきをさしてしまった事が原因で右耳が聞こえないことを報告した[8]。本人のツイートによると小学校1年生の時に「手術すれば半々の確率で治る」と言われたが「これで育ってきたので不便さは感じていません」とのこと。また、1番大変だったのは、学校で後ろからトントンされてヒソヒソ話をされた時で「めんどいときは、全く聴こえてないけど、「そうなんだー」で乗り切ってました笑 乗り切れてない時いっぱいあったけど」とツイート。この件に関して地頭薗雅弥は「こういうことを明るく言えるのが、ヤマトの強さ。」とツイートしているが、これに対して町田自身は「あほなだけ笑 それと重く受け止めてない」と返信している。また、ファンに向けては「話しかけて僕が気付かなかったらそれはしかとではありません なので気付くまで話しかけて下さいね笑」とツイートしている。

所属クラブ編集

個人成績編集

国内大会個人成績
年度クラブ背番号リーグ リーグ戦 リーグ杯オープン杯 期間通算
出場得点 出場得点出場得点 出場得点
日本 リーグ戦 リーグ杯天皇杯 期間通算
2012 千葉 28 J2 7 0 - 2 0 9 0
2013 9 0 - 2 0 11 0
2014 27 0 - 4 1 31 1
2015 14 17 1 - 2 1 19 2
2016 32 11 - 3 0 35 11
2017 10 36 6 - 2 0 38 6
2018 25 4 - 0 0 25 4
2019 松本 25 J1
通算 日本 J1
日本 J2 153 22 - 15 2 168 24
総通算 153 22 - 15 2 168 24

その他公式戦

  • 2013年
  • 2014年
    • J1昇格プレーオフ 1試合0得点
  • 2017年
    • J1昇格プレーオフ 1試合0得点

タイトル編集

クラブ編集

埼玉栄高等学校
専修大学

個人編集

  • 関東大学サッカーリーグ戦1部 ベストイレブン : 2011年
  • 全日本大学サッカー選手権大会 ベストフォワード賞 : 2011年

選抜歴編集

  • 2010年 関東大学選抜

脚注編集

関連項目編集

外部リンク編集