メインメニューを開く

町 藤光(まち ふじみつ/ひさみつ)は、室町時代中期の公卿町家2代当主。

 
町藤光
時代 室町時代中期
生誕 元中7年/明徳元年(1390年
死没 文明元年11月12日1469年12月15日
改名 資広(初名)藤光→情寂/恃寂(法名)
官位 従一位権大納言
主君 称光天皇後花園天皇後土御門天皇
氏族 柳原家庶流町家
父母 父:町資藤、母:平詮定
一色満直
広光、光什、女子二人
テンプレートを表示

目次

略歴編集

元中7年/明徳元年(1390年)、権大納言町資藤の子として誕生。

官位は従一位権大納言

文明元年(1469年)、薨去。家督は子・広光が継いだ。

官歴編集

  • 元中7年(1390年)- 誕生
  • 応永26年(1419年)3月10日 - 任参議
  • 時期不明 - 権大納言に転任
  • 康正2年(1456年)1月5日 - 従一位に昇叙する
  • 文明元年(1469年)11月12日 - 薨去

系譜編集

外部リンク編集

先代:
町資藤
町家
2代
次代:
町広光