メインメニューを開く

畑中しんじろう(はたなか しんじろう、1982年5月5日 - )は、日本お笑い芸人。本名、畑中 慎二郎(はたなか しんじろう)。お笑いコンビ「しんちゃん&ヨッシー」のメンバー。相方は吉本直喜

畑中しんじろう
ニックネーム しんちゃん
生年月日 (1982-05-05) 1982年5月5日(37歳)
出身地 日本の旗 日本北海道
血液型 A型
言語 日本語
方言 標準語
出身 東京NSC9期生
コンビ名 しんしゅう(解散)
ハイアンドロー(解散)
町のベーカリーズ(解散)
じょーちゃん&ヨッシー
相方 松橋周太呂(しんしゅう)
菅良太郎(ハイアンドロー)
岡部秀範(町のベーカリーズ)
吉本直喜(しんちゃん&ヨッシー)
芸風 漫談
事務所 吉本興業/よしもとクリエイティブ・エージェンシー(2003 - 2013年)
北海笑事/LOL(2015年 - )
活動時期 2003年 -

北海道札幌市手稲区出身。北海道札幌稲西高等学校卒業。LOL所属[1]

目次

略歴・人物編集

  • 血液型はA型。身長174cm。体重57kg。
  • かつては同期の松橋周太呂と『しんしゅう』として活動していた。その後同じく同期の現パンサー菅良太郎と、お笑いコンビ『ハイアンドロー』として活動していたが、2007年3月に解散。その後、しばらくピン芸人として活動していたが、2012年5月に、ブレーメン岡部と『町のベーカリーズ』を結成した。
  • 2008年1月2日放送の『新春大売出し!さんまのまんま』(関西テレビフジテレビ)に『今田耕司のお薦め芸人』の番外編として出演(正規のお薦め芸人はエド・はるみ渡辺直美もう中学生)。今田に"吉本一の男前"と紹介される。以後、テレビに出演する機会があり、「よしもと男前ランキング2008」にもランクインした。
  • 小学生時代からザ・ドリフターズや、ダウンタウンが憧れだったこともあり、当時の作文で『将来は吉本に入りたい』と書いていたこともあった[2]
  • 天然で抜けている部分があり、同期の囲碁将棋根建からは「男前のくせにバカというかわいい奴」、同じく同期のゆったり感江崎からは「おっとこまえのおばかさん」と評されたことがある。
  • 2009年よしもと男前芸人ランキング第10位で同期のしずる村上は、「僕が選ぶ本当の男前芸人」として名前を挙げている。
  • たまに自分のことを「しんちゃん」と呼ぶことがある。
  • 好きな食べ物はとんこつラーメンとミニトマト。
  • 吉本男前ランキング2010年度14位、2011年度第13位、2012年度第17位。
  • 女装が非常に似合う。
  • 元相方のパンサー・菅とは未だに仲が非常に良い。
  • 2012年5月15日のツイッターにて、ブレーメン岡部とコンビを結成することを発表した。コンビ名は「町のベーカリーズ」。
  • 2013年4月2日のツイッターにて、町のベーカリーズ解散を発表。解散後、しばらく芸人を休止して地元札幌のススキノでバーを経営した。相方の岡部はピン芸人に転向(のち「かたつむり」に加入)。
  • 2015年3月、北海道の芸能プロダクション「北海笑事」(後に「LOL」に社名変更)に加入[3]
  • 2016年、LOL所属の吉本直喜(元「ぽんぽん」「チョーウルトラ」として札幌吉本オスカープロモーション、東京吉本などで活動)とともに「しんちゃん&ヨッシー」を結成しM1グランプリ2016に出場(二回戦敗退)。

芸風編集

  • ピンクのタンクトップにハチマキ、白の短パン。更にローラーシューズを履いている場合もあり光GENJIを彷彿とさせる。本人曰く『アイドルだから』とのことである[4]。なお『タンクトップは女性用のを着ている』と話していたことがあった[2]。短パンは小学6年生用のものである。
  • ネタはアイドルであることを前提としたキャラクターでコントを演じることが多い。
  • 体から出てくるのは汗ではなく桃の天然水
  • 2008年TV初出演当時の芸風は自身が好んでいる麻雀を題材としたネタであり、あと牌一つでが揃う所まで来て『ウソだろこの手牌!』と言い、並んだ牌姿をリズムに乗せて読んだ後で『これってもしかして○○○(役名)?』と言って踊り、『●●(牌名)をツモれば○○○(役名)! 3、2、1』と言った後、ハズレの牌を取るというオチのパターン。これを色々なシチュエーションに当てはめて、麻雀ネタとほぼ同じ流れでショートコントを演じることもあった。
  • 最近は主に聖闘士星矢を歌いながら色々なことをするネタである。
  • 舞台においてはタイガーマスク勇者など様々な衣装でネタを展開することもあり、アイドルも数あるキャラクターの1つであることが伺える。
  • 2008年には自身がリーダーを務める畑中アイドル軍団「KABUTO」を結成。リーダーのしんちゃんの他にメンバーは、エリートヤンキー・西島(にしじくん)、ジューシーズ・児玉(だまくん)、囲碁将棋・文田(文様)、井下好井・井下(イノッチ)、バース・近藤(こんちゃん)、モッキンバード・佐藤(ヨーヘイ)、ジャングルポケット・斉藤(CHS)、トレンディエンジェル斎藤(GHS)、かたつむり・林(ダイケ)。また、かつてフルーツポンチ・亘(わたりくん)、山椒魚・小谷松(汁くん)も在籍していた。[5]

出演編集

テレビ編集

年始の「さんまのまんま」で紹介された芸人として渡辺直美と共にVTR出演。
第2回に出演、キャッチコピーは『UPテンポなファンキーboy』。この回は麻雀ネタとほぼ同じ流れで『学校の先生』のコントを演じた。
2008年3月27日「人間プロファイリングQ ハメ込みナンバーズ」(ピン芸人の年収当て)に出演。2007年の芸能活動による年収はドラマのエキストラを中心に10万円だったことを明かす。
2009年7月20日
2008年7月5日「カウントダウン芸人2」で芸人300人に"今おもしろいネタ"をアンケートした結果、『聖闘士星矢を歌いながらライターに手をかざす』が6票で45位に。

映画編集

  • YOSHIMOTO DIRECTOR'S 100
    • 「ニュース」(後藤輝基(フットボールアワー)監督作品)
    • 「SECONDHAND」(清水圭監督作品)

舞台・ライブ編集

雑誌編集

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ 芸人紹介
  2. ^ a b 上記『女性自身』2008年3月18日号内の記事による。
  3. ^ aflonge (2015年3月6日). “今日からまた北笑に新人が入りました。...”. アフロンゲ丸山(アフ&ヨッシー). 2015年3月9日閲覧。(Archive.is)
  4. ^ 2008年3月27日放送の『笑っていいとも』出演時の本人の発言より。
  5. ^ 亘はフルーツポンチとして売れて活動が困難になったため。小谷松は山椒魚の解散に伴い、引退したため。

外部リンク編集