メインメニューを開く

畑中美耶子(はたなか みやこ)はアナウンサー演出家、方言指導家。岩手県大迫町(現花巻市)生まれ。

児童劇団時代から出入りしていた岩手放送(現IBC岩手放送)に、1962年アナウンサーとして入社(同期に前田正二がいる)。1968年退社後、フリーアナウンサーとなる。また、児童劇団「CATSきゃあ」主宰や、朗読などの活動を開始。

また、岩手の方言盛岡弁など)のスペシャリストとして、岩手県を舞台にしたテレビドラマ映画において「方言指導」を担当する。

現在は、同じIBC出身者を中心にした女性フリーアナウンサー事務所「パネット」を率い、自らもイベント司会などで精力的に活動するほか、朗読、一人芝居など創作・演技活動を続けている。また、毎年暮れに開催される舞台「盛岡文士劇」でも、自ら重要キャストを演じ、さらに他県出身の各局アナウンサーに盛岡弁を指導している。

2011年7月1日、旧・岩手県立図書館の建物を利用して同日開館した展示施設「もりおか歴史文化館」館長に就任した。

目次

舞台編集

現代劇編で、花道から登場して方言丸出しで客と会話をし、場を暖めるのが通例となっている。

テレビドラマ編集

映画編集

関連人物編集

  • 土村萌土村芳姉妹
    • 2人は、児童劇団『CATSきゃあ』の元・所属者で、姉・萌は2008年〜13年まで、畑中と同じくIBCのアナウンサーだった。妹・芳は、現在も女優を続けており、2016年〜17年のNHK連続テレビ小説べっぴんさん』に出演していた。

外部リンク編集