メインメニューを開く

畑瀬 聡(はたせ さとし、1982年12月18日 - )は、日本の陸上競技選手。砲丸投元日本記録保持者。福岡県出身。身長184cm 体重121kg[1]

福岡市立博多工業高等学校在学中の2000年8月、長良川陸上競技場で行われた全国高校総体において19m57(旧規格、5.443kg)という高校新記録を樹立した。10月には第84回日本選手権で16m64のジュニア日本新記録を樹立して2位に入り、サンティアゴで開催された世界ジュニア選手権に出場し15m86の記録で予選14位の成績を残した。

2001年に日本大学文理学部に入学。2004年に日本人2人目の18m越えを達成。

大学卒業後、群馬綜合ガードシステムに入社(現在のALSOK群馬株式会社)2006年7月の第90回日本選手権で8年ぶりの更新となる18m56の日本新記録を樹立した[2]

2007年世界陸上競技選手権大阪大会に出場し17m71の記録で予選B18位となった[1]

2009年夏にはボブスレーの合宿に参加している[3]

日本選手権では2002、2005-2007、2010、2012-18年の合計12回優勝を果たしている。2015年6月28日の第99回日本選手権では18m78の日本新記録で優勝、4連覇を達成した。

主な戦績編集

記録編集

脚注編集

  1. ^ a b 畑瀬聡、愛妻のコーンシチューで砲丸日本新V 日刊スポーツ 2015年6月28日
  2. ^ 前記録は1998年に野口安忠が記録した18m53
  3. ^ 砲丸畑瀬、ボブスレータイムは右肩上がり nikkansports.com (2009-08-19). 2010年6月8日閲覧。

関連項目編集

外部リンク編集

先代:
野口安忠
男子砲丸投日本記録保持者
2006/7/2 - 2009/10/5
次代:
山田壮太郎
先代:
山田壮太郎
男子砲丸投日本記録保持者
2015/6/28 - 2018/5/20
次代:
中村太地