留守 郡宗(るす くにむね)は、室町時代後期から戦国時代にかけての武将留守氏15代(一説に14代)当主。

 
留守郡宗
時代 室町時代後期 - 戦国時代
生誕 不明
死没 明応4年10月5日1495年10月22日
氏族 伊達氏留守氏
父母 伊達持宗、憲徳院
留守持家
兄弟 懸田義宗伊達成宗小梁川盛宗郡宗、蘂源、信夫照成
藤王丸、留守景宗正室、国分胤実
景宗
テンプレートを表示

略歴編集

伊達氏11代当主・伊達持宗の五男として誕生。母は持宗正室の憲徳院。

留守氏13代当主・留守持家とその実子・満家が家督をめぐって抗争すると、伊達氏の後援を期待した留守家から後継ぎとして迎えられ、当主となった。

明応4年10月5日1495年10月22日)、岩切城で死去。跡を養子・景宗が継いだ。