メインメニューを開く

留萌市立病院(るもいしりつびょういん)は、北海道留萌市にある医療機関。留萌市病院事業の設置等に関する条例(昭和41年12月19日条例第24号)により設置された留萌市立の病院である。1872年(明治5年)の官立札幌病院留萌出張所を起源とする。留萌第二次保健医療福祉圏(留萌振興局管内)の災害拠点病院[1]であり、地域周産期母子医療センターの指定を受ける[2]2007年より地方公営企業法の「一部適用」から「全部適用」[3]に移行した。

Japanese Map symbol (Hospital) w.svg 留萌市立病院
Rumoi City Hospital.jpg
情報
英語名称 Rumoi City Hospital
標榜診療科 内科、神経精神科、呼吸器内科、消化器内科、循環器内科、小児科、外科、整形外科、形成外科、脳神経外科、皮膚科、泌尿器科、産婦人科、眼科、耳鼻咽喉科、麻酔科、放射線科、病理診断科
許可病床数

354床
一般病床:300床
精神病床:50床


感染症病床:4床
開設者 留萌市
管理者 笹川裕(院長)
地方公営企業法 全部適用
開設年月日 1872年
所在地
077-8511
北海道留萌市東雲町二丁目16番
位置 北緯43度55分53秒 東経141度40分40秒 / 北緯43.93139度 東経141.67778度 / 43.93139; 141.67778
二次医療圏 留萌
PJ 医療機関
テンプレートを表示

目次

沿革編集

1872年に官立札幌病院の留萌出張所として出発した[4]

1907年に村立留萌病院として独立し、2年後の1909年に私立病院になった[4]

25年後の1934年に町立留萌病院として再び公立の病院になる[4][5]

戦後の1947年に留萌市の市制施行[5]にともない留萌市立病院となる[4]

1965年に病院の改築工事に着工する[4]1967年に本館が完成し、留萌市立総合病院に改称した[4]

1973年には新館の工事に着工し、翌1974年に完成した[4]

1976年に自主財政再建5か年計画を策定し、財政悪化からの脱却をめざしたが、1979年に経営健全化団体に指定され、新たに経営健全化7年計画を策定する[4]。その後1993年に経営改善推進会議を設置し、翌1994年に自主健全化5か年計画を策定する[4]

1996年に移転改築を決定し[5]1997年に東雲町で用地買収を始める[4]。翌1998年に着工する[4]2000年に新病院の建物が完成する[4]2001年に外来診療を開始し、留萌市立病院に改称した[4]

診療科編集

医療機関の指定等編集

  • 保険医療機関
  • 労災保険指定医療機関
  • 指定自立支援医療機関(更生医療・育成医療・精神通院医療)
  • 身体障害者福祉法指定医の配置されている医療機関
  • 生活保護法指定医療機関
  • 特定疾患治療研究事業委託医療機関
  • 小児慢性特定疾患治療研究事業委託医療機関
  • 災害拠点病院[1]
  • へき地医療拠点病院
  • 臨床研修指定病院
  • 地域周産期母子医療センター
  • 第二種感染症指定医療機関

近隣の施設編集

交通アクセス編集

脚注編集

  1. ^ a b 別表14 災害拠点病院一覧 (PDF)”. 北海道庁 (2013年1月1日). 2015年7月11日閲覧。
  2. ^ ただし2007年時点での産科医師数はゼロ、2010年においても産科の常勤医は1名であり、複数の固定医の確保が急務とされている。北海道医療計画留萌地域推進方針50-55頁、留萌市立病院(産婦人科)(2010年7月21日閲覧)。
  3. ^ 参照:Q&A 自治体病院の地方公営企業法の「全部適用」について 京都自治労
  4. ^ a b c d e f g h i j k l m 病院の沿革 留萌市立病院
  5. ^ a b c 留萌市のあゆみ 留萌市

外部リンク編集