留萌炭田(るもいたんでん)は、北海道北西部、留萌市小平町羽幌町沼田町にまたがる炭田地帯。新第三紀層から出炭。周囲では砂金が産出されており、石炭の存在も明治当初から知られていたものの、輸送手段が無いことから開発は他の炭鉱から比べて遅く、鉄道の敷設が進んだ昭和年間に入ってからであった。

主な炭鉱編集

主として雨竜地区の雨竜地区と羽幌地区の羽幌地区に大別され、それぞれ引き込み線が引かれていた。昭和炭鉱浅野炭鉱大和田炭鉱達布炭鉱本郷炭鉱豊平炭鉱羽幌炭鉱、築別炭鉱などが主要鉱山である。特に築別と羽幌および上羽幌の3地区で石炭を生産していた羽幌炭鉱は最盛期、年間100万トンを超える採炭量を誇り、国内屈指の優良炭鉱として脚光を浴びた。同地域で採掘された石炭は煙や灰が少なく、「煙突掃除が嫌いなお父さんには羽幌炭」のキャッチフレーズで人気が高かった。

しかし、資源の枯渇やエネルギー革命の進展、労働条件改善や安全確保のためのコスト増加などによる採算の悪化などを理由に、1970年までに全て姿を消した。尚、その後多くの炭鉱集落は市街地から離れていたことなどが原因で殆どがゴーストタウンと化している。現在は露天掘り炭鉱が一箇所(小平町 吉住炭鉱)のみ操業している。

出炭施設編集

石炭輸送のために留萠鉄道天塩炭砿鉄道などの私鉄も有った。現在はほとんどが無人の廃墟となっている。

参考文献編集