メインメニューを開く

畜産副産物(ちくさんふくさんぶつ)とは、家畜から食肉を生産したあとに残る部位。

副産物と副生物編集

日本畜産副産物協会では、次のように定義している。生体から枝肉を採取した残り、および枝肉から除かれた骨が副産物であり、副産物から原皮を除いたものが副生物である。副生物は、血液脂肪内臓などが該当する。また、副生物は可食臓器類非可食臓器類に分類される。可食臓器類についてはもつを参照。

生体重量に占める副産物の割合編集

  • 牛 - 生肉37.6%、食用内臓8.5%、非食用内臓8.7%、骨12.7%、脂6.6%、皮8.5%、血液2.4%、その他15%
  • 豚 - 生肉53.8%、食用内臓8.5%、非食用内臓7.2%、骨10.7%、脂7%、皮9.5%、血液3%
  • 鶏 - 生肉50%、骨28%、内臓7%、羽毛5%、脂6%、血液4%

生産・利用編集

原皮生産量は2006年度に牛117万頭分・豚1,529万頭分、副生物の生産量は2007年度の推計で牛4万7千トン・豚13万トンとなっている。

原皮は各種皮革製品に、油脂ラードヘットとして食用にされるほか、石鹸飼料などの原料ともなる。

油脂の搾りかすである肉粉や、蛋白化製場で加工(レンダリング)され、ペットフードや飼料・肥料の原料として利用される。鶏の羽毛フェザーミールとして肥飼料用蛋白となる。

牛の脊柱をはじめとする特定危険部位は、牛海綿状脳症 (BSE) の危険性があるため、焼却処分されている。

そのほかにも、家の合板や道路、自動車のタイヤ、医薬品等の原料として広範囲に利用されている。しかし、本来これらの製造には副産物は必要ではなく、安価に流通しているために利用されている[1]

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ シェリー・F・コーブ『菜食への疑問に答える13章』新評論、2016年、252頁。

関連項目編集

外部リンク編集