メインメニューを開く

畠山 健治郎(はたけやま けんじろう、1933年11月17日 - )は、日本の元政治家衆議院議員(2期)を務めた。

経歴編集

秋田県北秋田郡森吉町出身。1954年、農業講習所卒、秋田県庁に入庁。1962年、大館地方労事務局長。1965年、県北生活協同組合理事。1976年、県職労中央執行委員長。1979年大館市長に初当選。以降3期務めた。

1993年日本社会党公認で第40回衆議院議員総選挙旧秋田1区から初当選。1996年第41回衆議院議員総選挙では社会民主党公認で秋田2区から立候補。小選挙区では敗れたが、比例東北ブロックで復活し再選。2000年第42回衆議院議員総選挙では秋田2区から再び立候補したが、比例復活もならず落選。

参考文献編集