畠山 持永(はたけやま もちなが)は、室町時代中期の守護大名河内国紀伊国越中国守護官位左馬助

 
畠山持永
時代 室町時代中期
生誕 不明
死没 嘉吉元年閏9月5日1441年10月28日)?
官位 左馬助
幕府 室町幕府 河内紀伊越中守護
主君 足利義教
氏族 畠山氏(金吾家)
父母 畠山満家
兄弟 持国持永持富
テンプレートを表示

略歴編集

畠山満家の次男として誕生。生誕年は不明だが、兄・持国、弟・持富と同様、室町幕府4代将軍足利義持偏諱(「持」の字)を賜っていることから、義持の在職中に元服は済ませている筈である。

嘉吉元年(1441年1月29日、兄・持国が6代将軍・足利義教(義持の弟)の怒りに触れて家督を更迭されると、家臣の遊佐氏斎藤氏らに擁立されて当主となった。しかし、6月24日に義教が赤松満祐に暗殺される(嘉吉の乱)と持国が赦免され、持永は7月4日京都から出奔、越中に逃れたが、持国方に打ち破られた。この時持永は討たれたとも、閏9月5日に摂津国で身を隠していた所を発見、殺されたとも言われる。

先代:
畠山持国
河内畠山氏
畠山持永
次代:
畠山持国