メインメニューを開く

水田の境に泥土を盛って水が外に漏れないようにしたもの
水田の周りに畦道が見える

(あぜ)は、稲作農業において、水田と水田の境に水田の中のを盛って、が外に漏れないようにしたものである。畦は、水田の区画を成すと同時に、泥土のきめ細かさによって水漏れを防ぐ方法でもある。

畦畔(けいはん)や泥畦とも言われ、稲作の工程には、水を張る前に毎年修理を行う「畦作り」または「畦塗り」があり、「畦塗り機」も使われる。

水田を回る際のとしての役割も持っているもののことを、畦道(あぜみち)、(なわて、縄手とも)という。

概要編集

畦にはイネの生育とともに雑草も育ち、覆われてくる。 また、隣の水田との土地の境界でもあり、イネの収穫から農作業開始までの間に畦が崩れ、に枯れるだけでは境界が曖昧となるのを防ぐため、木陰を作らない程度の低い潅木を植え、これを境界の目印とすることもある。

畦や畦道は水漏れ防止も行っており、基本的には私有地であるので、正当な理由なく勝手に立ち入ることは本来出来ない。幅は狭く、一人がやっと通れる幅で、慣れないと足を踏み外し、畦を壊したり水田に落ちることがある。畦道と言われるものは幅が広く、私的な「畦」兼農作業のための通路または私的な農道と考えてよい場合がある。ただし、畦道の中には里道であったものも含まれる。

畦道や人が通れない単なる畦の場合でも、古来から細い狭い面積土地ではあるが、枝豆などその土地に合った農作物を植え、僅かな収穫でも得ようとしている場合もあり、有効利用されている。一本分の貴重な耕作地ともみなせる。畦は稲作文化発祥以来のものであり、また、私有地として様々な使われ方があり、狭いながらも貴重な土地としてその利用は工夫次第である。

カメムシと畔の管理編集

斑点米の原因となるカメムシは、田の畔や周辺に生えるメヒシバエノコログサ、イヌビエなどのイネ科の雑草に生息する。このため、カメムシの生息地では、殺虫剤の使用と併せて刈り払い機を利用した畔の除草が行われる[1]

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ 草刈りは、やりすぎに注意 草刈り高が問題雑草の発生に及ぼす影響”. 静岡県農林技術研究所. 2019年6月27日閲覧。

関連項目編集