メインメニューを開く

異世界 (ジャンル)

フィクション作品のサブジャンル

異世界(いせかい)は、日本漫画ライトノベルアニメコンピュータゲームなどのフィクション作品のサブジャンルのひとつ。主に、異なる世界(異界)に転生または転移するといった内容のものがある。

概要編集

物語の類型としての異界転移譚は『古事記』の時代からみられるが、欧米ファンタジーの影響を受けた異世界召喚ものの嚆矢は高千穂遙『異世界の勇士』(1979年)とみられている[1]

1992年から刊行されている『十二国記』シリーズは累計1000万部を突破する人気作となっているが、今日のジャンルの広がりの発端は、個人サイトでオンライン小説として連載され、後に書籍化やアニメ化がされた川原礫ソードアート・オンライン』(2009年)のヒットであると言われている[2][3]。この作品のヒットの流れに続く形で、異世界を題材にした作品が急増する。小説投稿サイト小説家になろう」には異世界ものの作品が多数投稿され、そこから書籍化・アニメ化される作品が増えていった[3]

異世界を題材にした作品があまりにも増えているため、KADOKAWAのライトノベルレーベル「NOVEL 0」主催の小説コンテストや、文学フリマならびに小説家になろう協同主催のコンテストではこのジャンルの作品を投稿することが禁止になった[4]

ヒーロー文庫」・「アルファライト文庫」など、事実上の異世界専門レーベルも相次いで創刊されている。

異世界転生と異世界転移編集

小説家になろうでは、「異世界転生」と「異世界転移」を以下のように定義している。

異世界転生は、一度死亡し、別の人物として転生すること[5]。当てはまるものに、『無職転生 - 異世界行ったら本気だす -』『私、能力は平均値でって言ったよね!』などがある。前者は転生直後から前世の記憶と意識があるのに対し、後者は成長してから前世のことを思い出すと言った違いも見られる。

異世界転移は、何らかの形で異世界への移動を果たすこと[5]。当てはまるものとして、ふとした拍子に突然異世界に移動してしまう『Re:ゼロから始める異世界生活』などがある。『異世界食堂』や『異世界居酒屋「のぶ」』など、何らかの形で現実世界と異世界が繋がっている設定の作品も存在する。

その他、『この素晴らしい世界に祝福を!』や『異世界はスマートフォンとともに。』など、現実世界で一度死亡しながらも、人物としての同一性を保ったまま異世界に移動するという作品も存在する[注釈 1]

ハロルド・シェイ』シリーズや『遥かなる異郷ガーディアン』のように、現界から人為的な方法(三段論法や機械的に)で異世界へ転移する作品もある。

十二国記』シリーズでは複数の人間が異世界へ転移するが、異世界側では人が生まれる前に流されて地球で生まれることがある、という設定もある。また地球で生まれてしまったが、異世界へ連れ戻される人物も登場する。

脚注編集

注釈編集

  1. ^ なお、『この素晴らしい世界に祝福を!』のテレビアニメ第1期第1話のサブタイトルは「この自称女神と異世界転生を!」となっている。

出典編集

関連項目編集