メインメニューを開く

異国叢書』(いこくそうしょ)は、16世紀から19世紀にかけて来日した西洋人の、日本に関する見聞録・研究書などを日本語訳して刊行した叢書である。1927年昭和2年) - 1931年(昭和6年)刊、全13巻。続編として『新異国叢書』(1968年(昭和43年) - 2005年平成17年)刊、全35巻・索引1巻)がある。

目次

概要編集

『異国叢書』全13巻は1927年昭和2年) - 1931年(昭和6年)に刊行された。当初は聚芳閣から刊行される予定だったが、『耶蘇会士日本通信 上巻』1冊を出したのみで、残りの巻はすべて駿南社から刊行されている。戦国時代末期のイエズス会史料から江戸時代後期のフィリップ・フランツ・フォン・シーボルトに至る、日欧交渉史の重要文献を日本語訳した叢書である(ただし、『増訂異国日記抄』は日本語史料の翻刻)。続篇としてさらに6巻の刊行が予定されていたが、実現しなかった。

その後、帝国教育会出版部から『続異国叢書』全6巻の出版が計画されたが、『耶蘇会士日本通信 豊後篇』2巻(1936年)の刊行のみにとどまった。この2巻分はのちに『新異国叢書』に再録されている。

駿南社版『異国叢書』の発行者だった奥川栄[1]は、その後、自らの経営する奥川書房から、簡素版を1941年(昭和16年)に再刊している。

戦後、雄松堂書店1966年(昭和41年)に改訂復刻版『異国叢書』を刊行した。さらに、同社は『新異国叢書』の刊行を企画し、第I輯(1968年 - 1970年、13巻)、第II輯(1982年 - 1985年、10巻)、第III輯(2002年 - 2004年、10巻)の全35巻を刊行した(第II輯刊行中の1983年に出版部門が分社化されたため、以後は雄松堂出版の発行となっている)。第I輯には使節などの公式記録、第II・III輯には幕末・維新期の個人的な日記・紀行・見聞記などが収められている。編集委員は第I・II輯が岩生成一洞富雄岡田章雄沼田次郎、第III輯が片桐一男金井圓宮永孝である。他に、2005年平成17年)に刊行された総索引がある[2]

雄松堂出版は、改訂復刻版『異国叢書』を2005年にオンデマンド版として再刊した。2016年(平成28年)に雄松堂書店が丸善に吸収合併されたことにともない、2016年現在は丸善雄松堂が発行している。

なお、収録された翻訳は必ずしも全訳というわけではない。たとえばシーボルト『江戸参府紀行』『日本交通貿易史』は『日本』の抄訳、ケンプェル『江戸参府紀行』は『日本誌』の抄訳、クルウゼンシュテルン『日本紀行』は『世界周航記』の抄訳である[3]。また、一部の翻訳(村上直次郎呉秀三斎藤阿具岩生成一の訳)は文語訳となっている。

目録編集

異国叢書編集

『耶蘇会士日本通信 上巻』(聚芳閣)を除き、すべて駿南社から刊行。

  1. 耶蘇会士日本通信 上巻』(村上直次郎訳、渡辺世祐註、1927年5月1日発行) NDLJP:1186696 NDLJP:1876390 - 本巻のみ聚芳閣より刊行。
  2. シーボルト江戸参府紀行』(呉秀三訳註、1928年2月20日発行)NDLJP:1179836 NDLJP:1876406
  3. 『耶蘇会士日本通信 下巻』(村上直次郎訳、渡辺世祐註、1928年3月20日発行) NDLJP:1186699 NDLJP:1876415
  4. ツンベルグ日本紀行』(山田珠樹訳註、1928年6月15日発行)NDLJP:1179833 NDLJP:1876426
  5. ヅーフ日本回想録 フィッセル参府紀行』(斎藤阿具訳註、1928年8月10日発行)NDLJP:1179830 NDLJP:1876433
  6. ケンプェル江戸参府紀行 上巻』(呉秀三訳註、1928年9月15日発行)NDLJP:1876448
  7. ドン・ロドリゴ日本見聞録 ビスカイノ金銀島探検報告』(村上直次郎訳註、1929年4月10日発行)
  8. 『シーボルト日本交通貿易史』(呉秀三訳註、1929年5月15日発行)NDLJP:1876473
  9. 『ケンプェル江戸参府紀行 下巻』(呉秀三訳註、1929年6月10日発行)NDLJP:1195335 NDLJP:1876490
  10. 『慶元イギリス書翰』(岩生成一訳註、1929年) - 慶長16年(1611年)から元和2年(1616年)までの英文書簡116通の日本語訳。
  11. 『異国往復書翰集 増訂異国日記抄』(1929年9月10日発行) NDLJP:1186704 NDLJP:1876513
    1. 『異国往復書翰集』(村上直次郎訳註)
    2. 『増訂異国日記抄』(村上直次郎校註) - 『異国日記抄』(三秀舎、1911年)の増補。
  12. クルウゼンシュテルン日本紀行 上巻』(羽仁五郎訳註、1931年8月25日発行)
  13. 『クルウゼンシュテルン日本紀行 下巻』(羽仁五郎訳註、1931年9月25日発行)

異国叢書続篇(未刊)編集

続篇として以下の6巻が計画されていた[4][5]が、駿南社が廃業したため刊行されなかった[6]

  • 『マイラン氏・日蘭貿易史』(呉秀三訳註) - 『新異国叢書』第III輯第1巻に『メイラン 日本』として収録。
  • ジョン・セーリス日本渡航記』(村川堅固・岩生成一共訳註) - 村川堅固訳『日本渡航記』(十一組出版部、1944年9月5日発行) NDLJP:1043673 として刊行後、『新異国叢書』第I輯第6巻に再録。
  • 『ファレンタイン日本誌』(新村出註・板沢武雄訳) - フランソワ・ファレンタイン英語版の『新旧東インド誌』の一部。2018年現在に至るまで日本語訳されていない。
  • 『日本関係西籍解題』全2巻(石田幹之助編著) - 未刊。
  • エルジン卿日本奉使記』(村上直次郎訳註) - 『新異国叢書』第I輯第9巻に『エルギン卿 遣日使節録』として収録。

以上のほか、聚芳閣が発行前に出した広告に挙げられた書目のうち、刊行されなかったものに『慶元オランダ書翰』(村上直次郎訳註)がある[7][8]

『異国叢書』シリーズ外で駿南社から刊行された関連書籍に、アレキサンデル・フオン・シーボルト『シーボルトの最終日本紀行』(小沢敏夫訳註、1931年)がある[9]

奥川書房発行稀覯本編集

「異国叢書」の再版であるが、「異国叢書」の名称は用いられておらず、巻末広告では「奥川書房発行稀覯本」となっている。全13巻の再刊を予定していたが未完に終わった模様。

  • 『ドン・ロドリゴ日本見聞録 ビスカイノ金銀島探検報告』(1941年)
  • 『ツンベルグ日本紀行』(1941年12月10日発行)NDLJP:1043693 NDLJP:1877837
  • 『ヅーフ日本回想録 フィッセル参府紀行』(1941年12月10日発行)NDLJP:1043650

改訂復刻版「異国叢書」編集

雄松堂書店、1966年9月発行。オンデマンド版2005年5月発行

  1. 『異国往復書翰集 増訂異国日記抄』 ISBN 978-4-8419-3011-5
  2. 『クルウゼンシュテルン日本紀行 上巻』 ISBN 978-4-8419-3012-2
  3. 『クルウゼンシュテルン日本紀行 下巻』 ISBN 978-4-8419-3013-9
  4. 『慶元イギリス書翰』 ISBN 978-4-8419-3015-3
  5. 『ケンプェル江戸参府紀行 上巻』 ISBN 978-4-8419-3016-0
  6. 『ケンプェル江戸参府紀行 下巻』 ISBN 978-4-8419-3017-7
  7. 『シーボルト江戸参府紀行』 ISBN 978-4-8419-3018-4
  8. 『シーボルト日本交通貿易史』 ISBN 978-4-8419-3019-1
  9. 『ヅーフ日本回想録 フィッセル参府紀行』 ISBN 978-4-8419-3020-7
  10. 『ツンベルグ日本紀行』 ISBN 978-4-8419-3021-4
  11. 『ドン・ロドリゴ日本見聞録 ビスカイノ金銀島探検報告』 ISBN 978-4-8419-3022-1
  12. 『耶蘇会士日本通信 上巻』 ISBN 978-4-8419-3023-8
  13. 『耶蘇会士日本通信 下巻』 ISBN 978-4-8419-3024-5

続異国叢書編集

帝国教育会出版部から刊行。

  1. 『耶蘇会士日本通信 豊後篇 上巻』(村上直次郎訳註、1936年5月20日発行) NDLJP:1172304 NDLJP:1878829
  2. 『耶蘇会士日本通信 豊後篇 下巻』(村上直次郎訳註、1936年9月15日発行) NDLJP:1172315 NDLJP:1878835
のち増補の上、『新異国叢書』第I輯第1・2巻に『イエズス会士日本通信』の題で再録。

続刊として以下が計画されていた[9]

  • 『ファレンタイン日本志』(新村出・板沢武雄訳註)
  • 『日本関係西籍解題』(石田幹之助編)
  • 『日本渡航記』(ジョン・セーリス、村川堅固訳註)
  • 『日本大王国志』(フランソア・カロン幸田成友訳註) - 1948年11月に東洋堂から刊行、のち平凡社東洋文庫から再刊。

新異国叢書編集

雄松堂書店・雄松堂出版から刊行。

第I輯編集

  1. イエズス会士 日本通信 上』(村上直次郎訳、柳谷武夫編、1968年12月) ISBN 4-8419-0171-X
  2. 『イエズス会士 日本通信 下』(村上直次郎訳、柳谷武夫編、1969年2月) ISBN 4-8419-0254-6 - 『続異国叢書』所収『耶蘇会士日本通信 豊後篇』、および『耶蘇会年報 上巻』(長崎市役所、1926年9月15日発行) NDLJP:1020380 を再編集したもの。『異国叢書』の『耶蘇会士日本通信』との重複はない。
  3. 『イエズス会 日本年報 上』(村上直次郎訳、柳谷武夫編、1969年5月) ISBN 4-8419-1000-X
  4. 『イエズス会 日本年報 下』(村上直次郎訳、柳谷武夫編、1969年11月) ISBN 4-8419-1001-8 - 『耶蘇会の日本年報』(拓文堂、第1輯1943年1月18日発行 NDLJP:1041119 NDLJP:1918977、第2輯1944年2月27日発行 NDLJP:1041121)を再編集したもの。
  5. デ・サンデ中国語版 天正遣欧使節記』(泉井久之助長沢信寿三谷昇二角南一郎共訳、1969年) ISBN 4-8419-1002-6
  6. セーリス 日本渡航記 ヴィルマン 日本滞在記』(1970年2月) ISBN 4-8419-1003-4
    1. セーリス『日本渡航記』(村川堅固訳、岩生成一校訂)
    2. ヴィルマンスウェーデン語版『日本滞在記』(尾崎義訳、岩生成一校訂)
  7. ティチング 日本風俗図誌』(沼田次郎訳、1970年12月) ISBN 4-8419-0172-8
  8. ペリー 日本遠征随行記』(サミュエル・ウェルズ・ウィリアムズ著、洞富雄訳) ISBN 4-8419-1004-2
  9. エルギン卿 遣日使節録』(ローレンス・オリファント著、岡田章雄訳、1968年11月) ISBN 4-8419-1005-0
  10. ポンペ 日本滞在見聞記』(沼田次郎・荒瀬進共訳、1968年10月) ISBN 4-8419-1006-9
  11. ゴンチャローフ 日本渡航記』(高野明島田陽共訳、1969年4月) ISBN 4-8419-1007-7 - のち講談社学術文庫として再刊(2008年7月)。
  12. オイレンブルク 日本遠征記 上』(中井晶夫訳、1969年) ISBN 4-8419-1008-5
  13. 『オイレンブルク 日本遠征記 下』(中井晶夫訳、1969年) ISBN 4-8419-1009-3
  14. アンベール 幕末日本図絵 上』(高橋邦太郎訳、1969年) ISBN 4-8419-1010-7
  15. 『アンベール 幕末日本図絵 下』(高橋邦太郎訳、1970年) ISBN 4-8419-1011-5

第II輯編集

1983年5月発行の『ディアス・コバルビアス 日本旅行記』から、発行所が雄松堂出版に変更されている。

  1. 『ペリー 日本遠征日記』(金井圓訳、1985年10月) ISBN 4-8419-0061-6
  2. ハイネ 世界周航日本への旅』(中井晶夫訳、1983年11月) ISBN 4-8419-0203-1
  3. 『グレタ号 日本通商記』(F・A・リュードルフ著、中村赳訳、小西四郎校訂、1984年1月) ISBN 4-8419-0204-X
  4. ホジソン 長崎函館滞在記』(多田實訳、1984年9月) ISBN 4-8419-0286-4
  5. ヘールツ 日本年報』(庄司三男訳、1983年9月) ISBN 4-8419-0206-6
  6. シュリーマン 日本中国旅行記 パンペリー 日本踏査紀行』(1982年12月) ISBN 4-8419-0207-4
    1. シュリーマン『日本中国旅行記』(藤川徹訳)
    2. パンペリー英語版『日本踏査紀行』(伊藤尚武訳)
  7. ディアス・コバルビアススペイン語版 日本旅行記』(大垣貴志郎坂東省次共訳、1983年5月) ISBN 4-8419-0208-2
  8. ギメ 東京日光散策 レガメ 日本素描紀行』(青木啓輔訳、1983年7月) ISBN 4-8419-0209-0
  9. グラント将軍 日本訪問記』(ジョン・ラッセル・ヤング英語版著、宮永孝訳、1983年2月) ISBN 978-4-8419-0519-9
  10. 『クロウ 日本内陸紀行』(岡田章雄・武田万里子共訳、1984年7月) ISBN 4-8419-0287-2

第III輯編集

  1. 『メイラン 日本』(庄司三男訳、2002年1月) ISBN 4-8419-0293-7
  2. マローンドイツ語版 日本と中国』(眞田収一郎訳、2002年3月) ISBN 4-8419-0294-5
  3. バード 日本紀行』(楠家重敏橋本かほる宮崎路子共訳、2002年8月) ISBN 4-8419-0295-3
  4. 『スポルディング 日本遠征記 オズボーン 日本への航海』(2002年6月) ISBN 4-8419-0296-1
    1. スポルディング『日本遠征記』(島田孝右訳)
    2. オズボーン英語版『日本への航海』(島田ゆり子訳)
  5. モースのスケッチブック』(中西道子著、2002年10月) ISBN 4-8419-0297-X
  6. 『レフィスゾーン 江戸参府日記』(片桐一男訳、2003年4月) ISBN 4-8419-0298-8
  7. スミス英語版 日本における十週間』(宮永孝訳、2003年6月) ISBN 4-8419-0299-6
  8. アーノルド ヤポニカ』(岡部昌幸訳、2004年1月) ISBN 4-8419-0300-3
  9. 『シェイス オランダ日本開国論』(小暮実徳訳、2004年8月) ISBN 4-8419-0301-1
  10. ドゥーフ 日本回想録』(永積洋子訳、2003年8月) ISBN 4-8419-0302-X

総索引編集

脚注編集

  1. ^ 反町茂雄 『蒐書家・業界・業界人』 八木書店、1984年、95頁。 
  2. ^ 雄松堂書店図書目録 2014/2015 (pdf)”. 丸善雄松堂. pp. 2-7. 2016年10月27日閲覧。
  3. ^ 松井 2006, pp. 17-18.
  4. ^ 読売新聞』1931年11月2日付朝刊11面広告。
  5. ^ 市島謙吉 『春城代酔録』 中央公論社、1933年12月6日、168-169頁。NDLJP:1233931 
  6. ^ 村川堅固、「訳者序」 『日本渡航記』 十一組出版部、1944年9月5日、2頁。NDLJP:1043673 
  7. ^ 『読売新聞』1926年10月3日付朝刊1面広告。
  8. ^ 『東京朝日新聞』1926年10月8日付朝刊3面広告。
  9. ^ a b 庄司 1979.

参考文献編集

  • 金井圓 「『異国叢書』と私」、『Pinus』 (雄松堂書店)第4号14-15頁、1982年3月20日。ISSN 0289-3185 
  • 庄司三男、「異国叢書」、国史大辞典編集委員会編 『国史大辞典』1巻 吉川弘文館、1979年3月1日、485-486頁。 
  • 松井洋子 「史料・文献紹介 『異国叢書』」、『歴史と地理』 (山川出版社)第600号15-21頁、2006年12月20日。ISSN 1343-5957 

関連項目編集

外部リンク編集