メインメニューを開く

疋田 努(ひきだ つとむ、1951年 - )は日本動物学者。主に爬虫両生類学の分野で広く活動している。日本爬虫両棲類学会の会長・標準和名委員会委員長を務める[1]

目次

略歴編集

大分県臼杵市にて1951年に生まれる。1974年京都大学理学部生物系を卒業。1979年京都大学理学研究科博士課程を単位取得退学[2]。同年から1995年まで京都大学理学研究科生物科学専攻助手[3]。その後助教授・教授を経て2016年に退官。

人物編集

子供の頃から自然に親しんだ生活を送り、小動物や昆虫採集をしていた。学部生時代は生態学的研究を行い、卒業論文はアカネズミの歯による年齢査定だった。大学院進学の際に専攻を爬虫類の系統学に変更。その後、爬虫類の系統学分類学生物地理学の研究を行う[4]

著作編集

  • (共著)『世界の天然記念物 9巻 両生類・爬虫類』 講談社 1987 ISBN 406191359X
  • (共著)『動物系統分類学9 (下B2) 脊椎動物 (IIb1) 爬虫類I』 中山書店 1988 ISBN 4521071910
  • (共著)Current Herpetology in East Asia Herpetology Society of Japan 1989
  • 『爬虫類の進化』 東京大学出版会 2002 ISBN 4-13-060179-2
  • (共著)『日本動物大百科 第5巻 両生類・爬虫類・軟骨魚類』 平凡社 1996 ISBN 4582545556
  • (共著)『両生類・はちゅう類 (小学館の図鑑NEO)』 小学館 2004 ISBN 4092172060
  • 『トカゲ・ヘビ・カメ大図鑑』 PHP研究所 2012 ISBN 4569782523

関連項目編集

出典編集

  1. ^ 日本爬虫両棲類学会
  2. ^ 疋田努 『爬虫類の進化』 東京大学出版会 2002 ISBN 4-13-060179-2 p235
  3. ^ researchmap
  4. ^ PHP人名辞典