疑古

古代中国史を疑う立場
中国歴史
先史時代
伝説時代
三皇五帝
黄河文明
長江文明
遼河文明
西周

東周
春秋時代
戦国時代
前漢
後漢

孫呉

蜀漢

曹魏
西晋
東晋 十六国
劉宋 北魏
南斉

(西魏)

(東魏)

(後梁)

(北周)

(北斉)
 
武周
 
五代十国 契丹

北宋

南宋

西遼

(北元)

南明
後金
 
 
中華民国 満洲
 
中華人民
共和国
中華
民国

台湾

疑古(ぎこ、拼音: yígǔ)とは、古代中国史歴史記述をめぐる、歴史学文献学考古学の立場(歴史観方法論歴史学研究法)の一つ。

中国史の始まりに位置する三皇五帝夏王朝の実在を疑い、後世に創作された神話とみなす立場(加上説をとる立場)であり、言い換えれば、『書経』などの儒教経典や『史記』などの歴史書を、積極的に批判(史料批判)する立場でもある。また、『老子』などの古典文献を後世の仮託・偽書とみなす立場でもある。

顧頡剛銭玄同胡適ら、中華民国初期20世紀前半)の学者グループ、通称疑古派(ぎこは、拼音: yígǔpài)またの名を古史辨派古史弁派、こしべんは、拼音: gŭshǐbiànpài)によって、1910年代新文化運動を踏まえて提唱された[1]

疑古の立場は、その後の中国内外においても基本的には支持されてきた。しかし一方で、疑古を否定する立場も数多く提唱されてきた。21世紀の現代に至ってもなお、疑古の当否は議論の的になっている(#評価・反論)。

疑古派編集

疑古の立場は、1920年代顧頡剛銭玄同胡適らにより提唱された[注釈 1]。とくに銭玄同は「疑古玄同」を名乗るほどに疑古を支持していた[1]。彼らはみな当時30歳から40歳前後の若手研究者だった。

特に、顧頡剛らが1926年に創刊した論文集『古史辨』が、疑古の主な発信源になった。『古史辨』は1926年から1941年まで刊行され、計7巻350篇の論文が掲載された[2]。主な寄稿者としては上記三人のほか、羅根澤中国語版[3]銭穆中国語版[3]童書業中国語版呂思勉中国語版楊寛らがいる。特に銭穆と童書業は、元々はアマチュア在野の研究者だったが、顧頡剛に抜擢されて専業の研究者になった人物でもあった[4]

顧頡剛らが疑古を提唱した背景として、1910年代に流行していた新文化運動がある[1][5]。新文化運動とは、儒教に代表される伝統的な中国文化を、前近代的・停滞的な旧文化として批判し、それに代わって、科学的方法に基づく近代的・進歩的な新文化を広めようとする運動である。とりわけ、運動の主導者でもあるアメリカ帰りの胡適が、運動と同時期に構築していた中国哲学史通史の記述方法は、当時北京大学の学生だった顧頡剛に強い影響を与えた[6]。ただし、胡適は最終的に疑古から離反することになる[7]

主張編集

古史編集

古史辨派は、その名の通り「古史」の真偽を厳しく辨別する。つまり「古史」に対して懐疑的な立場をとる。ここでいう「古史」とは、東周時代(春秋戦国時代)までの歴史[8]、すなわち三皇五帝三代の歴史、要するに「先秦史」をさす。言い換えれば、先秦史について記された儒教経典や『史記』などの歴史書が、厳しく批判(史料批判)される。

とりわけ、儒教の聖人であるに代表される三皇五帝と夏王朝の歴史が、実際の歴史ではなく神話偽史とみなされる。例えば、顧頡剛が1923年に提唱した「禹はだった」説(中国語: 「大禹是条虫」「禹是一条虫」)によれば、禹は実在の人物ではなく、神格化された「動物」(広義の「虫」、具体的にはトカゲなどの爬虫類)の名前だったが、それが後世に人名と誤解されたのだという[9][10]。また1920年には胡適が、周の土地制度である「井田制」を『孟子』が創作した制度であるとした[11]。これらの主張は当時の学界に論争を巻き起こした[12]

偽書編集

古史辨派は、儒教経典や諸子百家の『老子』といった先秦文献の偽書説(または仮託説)、すなわち、文献の成立年代を先秦末期や漢代以降に引き下げる説も積極的に扱う[13][14][15]。ただし、偽書説という営み(通称「辨偽」)自体は古くからあり[16]、特に清代の姚際恒『古今偽書考』は顧頡剛に影響を与えている[17][18]

先駆者編集

疑古の古史批判と同様の説は、清代の学者が既に提唱していた。例えば、清代末期の常州学派今文学派)に属する康有為が、その著書『孔子改制考』などのなかで、文脈は異なるけれども既に提唱していた。あるいはそれよりも早く、清代中期の崔述が提唱していた。顧頡剛は彼ら清代の学者からも影響を受けていた[19][9]

あるいは日本でも、1909年の時点で東洋史学者の白鳥庫吉が「堯舜禹抹殺論」という論を、上述の崔述の影響を受けつつ既に提唱していた[9][注釈 2]。あるいはそれよりも早く、江戸時代町人学者、富永仲基が、その著書『出定後語』のなかで中国史よりもむしろ仏教史に対して提唱していた。富永仲基の説は、白鳥庫吉と同世代の東洋史学者、内藤湖南によって1925年に再発見され、「加上説」「加上の原則」などと呼ばれて中国史に積極的に応用されていた[21][22][注釈 3]。ただし、顧頡剛が彼ら日本人からも影響を受けていた、というわけではない[9][24]。なお、顧頡剛の加上説は、中国語では「層累地造成説」「層累地造成的古史観」(簡体字: 层累地造成的古史观)などと呼ばれる。

以上の日本人の説は、『古史辨』第7巻所収の楊寛「中国上古史導論」で中国に正式に紹介された[25]。なお楊寛によれば、以上のほかにも小川琢治マスペログラネらも古史批判の先駆者として挙げられる[25]

そのほか、顧頡剛は唐代の『史通[26]や上記の清代の姚際恒を、疑古の観点から再評価した。金谷治は、疑古の精神は漢代の司馬遷まで遡るとしている[27]

評価・反論編集

肯定編集

疑古は20世紀の中国史学界において、郭沫若らの唯物史観と並ぶ主要な方法論として、中国内外で広く支持されてきた[28]

例えば日本では、20世紀中期、上述の内藤湖南の弟子にあたる東洋史学者、宮崎市定が提唱した「西周抹殺論」[29]は、疑古に与する論である。なお、内藤と宮崎のふたりは、京都学派(京都支那学)を代表する学者としても知られる。

上述の偽書説についても、20世紀中期以降、武内義雄赤塚忠津田左右吉をはじめとする、東洋哲学史分野の学者たちによって、詳細な偽書説が構築された[14][30]。なかでも津田左右吉は、日本史日本思想史についても疑古と同様の説を展開して、戦中の日本において弾圧されたことで知られる(津田左右吉#津田事件)。

否定 (信古・釈古)編集

一方で、疑古を否定する立場、つまり古史を信じる立場も数多く提唱されてきた。そのような立場は「信古」(信古派)または「釈古」(釈古派、簡体字: 释古繁体字: 釋古)と呼ばれる[注釈 4]。信古(釈古)の立場をとる学者は、大抵の場合、考古学の研究成果を根拠とする。つまり例えば、先秦の遺跡発掘調査の成果や、それによって得られた出土文字資料甲骨文金文木簡竹簡帛書)の解読成果、または年代測定天文考古学による歴史書の検証成果などを根拠とする。

信古(釈古)の筆頭として、顧頡剛の一世代上の学者で清朝の遺臣、王国維がいる[33]。王国維は、二重証拠法zh:二重證據法)という方法論を提唱することで疑古と対立した。二重証拠法とは、まず歴史資料全般を、『史記』などの伝世資料(伝統的な歴史書)と、甲骨文などの出土資料の二種類に大別した上で、伝世資料が出土資料によって否定されない限りは、伝世資料を基本的には信じてよいとする方法論である。要するに、古史を基本的には信じてよいとする立場である。王国維の二重証拠法は、1928年殷墟の発掘成果によって補強され[注釈 5]、それ以来、適宜改訂を加えつつ、出土資料研究の標準的な方法論として採用されてきた[33]

その殷墟に続く形で、1950年代以降、中華人民共和国においては先秦の遺跡が相次いで発掘された[注釈 6]。なかでも二里頭遺跡の出土品や宮殿跡は、放射性炭素年代測定や歴史書の記述に照らせば夏の時代のものと推定できるため、中国の学者の多くは二里頭遺跡が夏の都であると主張した[35][注釈 7](詳細は 二里頭文化#夏・殷朝との関連 を参照)。

日本でも、白鳥の「堯舜禹抹殺論」に対しては、白鳥と同時代の甲骨学者、林泰輔を筆頭として反論が寄せられている[8]

上述の偽書説に対しても、1990年代以降、出土資料の郭店楚簡などのうちに、現存する文献とほぼ同じ文献が見つかったため(例えば『礼記』緇衣篇)、それまで構築されてきた偽書説の多くが根本から覆された[14][38][注釈 8]

疑古を否定する立場は、とりわけ1990年代以降、先秦史研究の国際的な権威、李学勤によって積極的に提唱された[39]。李学勤は、以上に挙げたような考古学の諸成果を踏まえて、「疑古時代からの脱却[40]」(中国語:「走出疑古時代」、zh:走出疑古时代)というスローガンを打ち出すとともに、それを実践する形で、国家規模の古史研究プロジェクト「夏商周年表プロジェクト」を主導した。同プロジェクトは、のちの「中華文明探源プロジェクト」(考古学の成果を三皇五帝と結びつけるプロジェクト)に継承され、最終的に2018年まで続いた。また同時期には、米中の学者が共同して、地質学の観点から禹の治水伝説黄河の大洪水)を検証するプロジェクトも行われた[41]

否定に対する否定編集

1990年代以降、そのような「走出疑古時代」が流行する一方で、その流行に疑義を呈する形で、中国内外から批判や反省が寄せられるようになった[42][43][44][40]。つまり言うなれば、疑古が再評価されるようになった[45]

例えば、考古学の成果を歴史書の記述と安易に結びつけるような傾向、つまり考古学を歴史書に隷属させてしまう傾向に対しては、「中国考古学の文献史学指向」と呼ぶ形での批判が寄せられている[46][47]

王国維の二重証拠法に対しても、反証可能性などの観点から強い批判が寄せられている[48]

偽書説に関しては、「出土資料の偽書説」が提唱されるようになった。具体的に言えば、清華簡上博楚簡北大漢簡といった、通称「非発掘簡」(盗掘されて骨董市場に流れていた木竹簡を大学博物館が回収したもの)に対して、現代に偽造された木竹簡が混入しているのではないか、という疑惑が指摘されるようになった[49][50][51]。なかでも、浙江大学所蔵の竹簡版『春秋左氏伝』(浙江大『左伝』)は、現存する『春秋左氏伝』の成立年代とも関わるため、その真偽が中国内外で議論の的になった[49][52][53]

2010年代の終わりに至ってもなお、疑古と信古(釈古)の対立は決着がついておらず、それどころかむしろ複雑化しており、学者ごとに様々な見解がある[54]

関連項目編集

儒家経典
五経
九経



儀礼/周礼
春秋
礼記
春秋左氏伝
春秋公羊伝
春秋穀梁伝
七経 十二経
論語
孝経
爾雅
十三経
孟子

脚注編集

注釈編集

  1. ^ 「疑古」という語彙自体は古くからある。例: 代の『史通』疑古篇
  2. ^ 白鳥の師である那珂通世が、1903年-1904年に崔述の『考信録』を翻刻している[20]
  3. ^ 内藤湖南が仲基のことを知ったきっかけとして、彼が若い頃(ジャーナリスト時代)の上司で著名な仏教学者大内青巒の影響があったとされる[23]
  4. ^ 「信古」と「釈古」の両者は基本的には同義だが、両者を呼び分ける場合もある。その場合は、「釈古」の方がより優れた立場、すなわち「疑古」と「信古」を止揚する(どちらにも囚われずに調停する)第三の立場、つまり史料批判をしつつ古史を好意的に解釈する立場、という意味で「釈古」と呼ばれる。そのような「信古」と「釈古」の呼び分けは、1930年代の馮友蘭によって提唱された[31]。あるいは後述の王国維が1920年代の時点で既にそのような立場をとっていた[32]
  5. ^ ただし、当の王国維は一年前の1927年自殺して世を去っていた[33]
  6. ^ そのような遺跡の発掘作業は、中国人のナショナリズムと密接に繋がっていた。というのも、殷墟より前の仰韶遺跡敦煌文献の発掘が、西洋人や日本人によって一方的に進められてきたという、ある種の負の歴史があったためである[34]
  7. ^ 殷墟や二里頭遺跡が発掘された当時、それらが本当に殷や夏のものかをめぐっては、中国と日本のあいだで温度差があった[36]。なかでも上述の宮崎市定は、殷墟や甲骨文に対しても懐疑的な立場を固持していた[37]
  8. ^ そのような覆された偽書説(仮託説)のうち、『老子』の説に関しては事情がやや複雑で、学者によって様々な見解がある(詳細は 老子 を参照)。

出典編集

  1. ^ a b c 佐藤 2018, p. 37f.
  2. ^ 楊 1995, p. 83f.
  3. ^ a b 小川茂樹「<批評・紹介> 羅根澤編著「古史辧」第六冊 (諸子續考)」『東洋史研究』4(3)、京都大学、1939年。
  4. ^ 顧頡剛著、平岡武夫訳 1987, p. 227f.
  5. ^ 竹元 2013, p. 106.
  6. ^ 竹元 2013, p. 107-109; 顧頡剛著、平岡武夫訳 1987, p. 71f.
  7. ^ 谷中 1998, p. 155.
  8. ^ a b 佐藤 2018, p. 38.
  9. ^ a b c d 井ノ口 2012, p. 5.
  10. ^ 楊 1995, p. 61f.
  11. ^ 楊 1995, p. 52.
  12. ^ 楊 1995, p. 52-63.
  13. ^ 佐藤 2018, p. 78.
  14. ^ a b c 浅野 2004, p. 21-25.
  15. ^ 裘 2000, p. 19.
  16. ^ 坂出祥伸『初学者のための中国古典文献入門』筑摩書房〈ちくま学芸文庫〉、2018年(原著2008年)、54-77頁。ISBN 978-4480098696
  17. ^ 村山吉廣姚際恒の学問――「古今偽書考」について(上)」『漢文学研究』第7巻、1959年、 79頁。
  18. ^ 竹元 2013, p. 108.
  19. ^ 竹元 2013, p. 107;114.
  20. ^ 楊 1995, p. 74f.
  21. ^ 竹元 2014, p. 62.
  22. ^ 内藤湖南 (1925年)『大阪の町人學者富永仲基』:旧字旧仮名 - 青空文庫
  23. ^ 溝上瑛「内藤湖南」『東洋学の系譜』江上波夫、大修館書店、1992年。ISBN 978-4469230871
  24. ^ 竹元 2014, p. 74.
  25. ^ a b 楊 1995, p. 75f.
  26. ^ 楊文信 「20世紀における『史通』学の回顧-版本知識・伝承と受容の歴史を中心に-」 『東アジア研究』 68巻 大阪経済法科大学アジア研究所、20頁、2018年。 NAID 120006950674http://id.nii.ac.jp/1719/00000053/ 
  27. ^ 谷中 1998, p. 153; 金谷 1997.
  28. ^ 楊 1995, p. 85f.
  29. ^ 佐藤 2016, p. はしがき.
  30. ^ 土田健次郎 (2011年). “津田左右吉の学問と姿勢—没後五十年津田左右吉展に際して—” (日本語). yab.yomiuri.co.jp. 読売新聞早稲田大学. 2020年7月9日閲覧。
  31. ^ 馮友蘭 著 / 吾妻重二 訳『馮友蘭自伝 2』平凡社東洋文庫、2007年、51頁。
  32. ^ 佐藤 2018, pp. 37;39.
  33. ^ a b c 佐藤 2018, p. 39.
  34. ^ 佐藤 2018, p. 40.
  35. ^ 井ノ口 2012, p. 6.
  36. ^ 佐藤 2018, p. 26;51-53.
  37. ^ 佐藤 2018, p. 52f.
  38. ^ 佐藤 2018, p. 232.
  39. ^ 佐藤 2018, p. 78f.
  40. ^ a b 裘 2000, p. 20.
  41. ^ 古代中国の大洪水伝説、地質学で論証」『BBCニュース・オンライン』、2016年8月6日。2020年7月8日閲覧。
  42. ^ 林澐 (2007). “真該走出疑古時代嗎? 對當前中國古典學取向的看法”. 吉林大学 史学集刊. 
  43. ^ 佐藤 2018, p. 269(林澐の論文の紹介).
  44. ^ 曹峰著、西山尚志訳 2008.
  45. ^ 佐藤 2018, p. 269.
  46. ^ Lothar von Falkenhausen “On the historiographical orientation of Chinese archaeology”. Antiquity. (1993). doi:10.1017/S0003598X00063821.  / ロタール・フォン・ファルケンハウゼン著、穴沢咊光訳 (1995). “中国考古学の文献史学指向”. 古文化談叢 35. 
  47. ^ 佐藤 2018, p. 77(L.v. Falkenhausenの論文の紹介).
  48. ^ 佐藤 2018, p. 271f(西山尚志の見解の紹介); 西山 2017.
  49. ^ a b 佐藤 2018, p. 238-240.
  50. ^ 冨谷至「「骨董簡」とよばれるモノ」『地下からの贈り物 新出土資料が語るいにしえの中国』中国出土資料学会、東方書店、2014年。
  51. ^ 小寺敦 (2011). “「骨董市場竹簡」をめぐる諸問題”. 東京大学東洋文化研究所附属東洋学研究情報センター報 25. https://ricas.ioc.u-tokyo.ac.jp/pub/pdf/nl025.pdf. 
  52. ^ 浅野裕一小沢賢二『浙江大『左伝』真偽考』汲古書院、2013年。ISBN 978-4762965197
  53. ^ 大西克也「浙江大学蔵竹簡『左伝』は研究資料たり得るか」『汲古』第72巻、汲古書院、2017年。
  54. ^ 佐藤 2018, p. 268-272.

参考文献編集

外部リンク編集